Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2006年発表
2010APR 12
脂質異常症

コレステロールを下げる薬は、病気をしていなくても飲んだほうがよいのでしょうか?


心血管疾患のない高コレステロール血症に対してプラバスタチンを投与すると冠動脈疾患の発症は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016FEB 29
喘息

妊娠中の喘息には、呼気中一酸化窒素を測定したほうがよいですか?


妊娠中の喘息患者に、呼気中一酸化窒素濃度に基づいた治療を行うと、喘息発作が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013NOV 18
痛み

急性痛風発作が起きたら、すぐに薬で尿酸値を下げてもよいですか?


急性痛風発作の患者に、すぐにアロプリノールを投与しても、遅れて投与した場合に比べて、投与してから10日間の疼痛及び30日以内の痛風発作は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2011FEB 14
喘息

家庭で喘息の発作を起こしたとき、ステロイドを飲むと症状が軽くなりますか?


普段より重症と両親が判断した喘息発作の小児に対して、プレドニゾロンを内服させると症状が改善する

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015JAN 22
その他

心血管疾患をもつ貧血患者に、赤血球生成促進剤は効果がありますか?


心血管疾患をもつ貧血患者に赤血球生成促進剤を投与すると、総死亡は同等であるが、脳血管イベントは多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2016NOV 03
その他

飲み薬でメニエール病のめまい発作は減りますか?


メニエール病患者にベタヒスチンを投与しても、めまい発作の発症はプラセボと同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 16
脳卒中

脳梗塞を起こしたら、脳卒中予防のために抗血小板薬をのんだほうがよいのでしょうか?


ラクナ梗塞の後に抗血小板薬を投与すると、脳卒中の再発が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015FEB 09
脳卒中

アンジオテンシン受容体拮抗薬で、心筋梗塞は増えますか?


アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)を投与すると、脳梗塞は少ないが、心筋梗塞、総死亡、心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016SEP 29
脳卒中

脳梗塞を発症したら血栓溶解剤を投与したほうがよいですか?


脳梗塞を発症後、アルテプラーゼなどの血栓溶解剤を投与すると、発症10日以内の総死亡、頭蓋内出血死亡は多いが、3~6ヵ月以内の死亡を含む中等度以上の介護依存状態は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2014DEC 04
脳卒中

高齢者の脳梗塞では、すぐに減圧開頭術をしたほうがよいですか?


中大脳動脈梗塞を発症した高齢者に48時間以内に減圧開頭術を実施すると、保存的に治療した場合に比べて生存割合が多いが、介助を必要とする障害者が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017FEB 06
副作用

アスピリンに重篤な副作用はありますか?


アスピリンを投与すると、重篤な消化管出血、頭蓋外出血が多く、脳出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017NOV 06
脂質異常症

コレステロールを下げる新しい薬を追加すると心血管疾患は予防できますか?


心筋梗塞、脳梗塞、末梢血管疾患の既往があり、スタチン服用中の患者に、エボロクマブを追加投与すると心血管疾患が少ない

さらに詳しく