Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2013年発表
2015JAN 19
糖尿病

新しい糖尿病の薬DPP4阻害薬は、心臓病や脳卒中などの合併症を予防できますか?


リスクが高い2型糖尿病患者にサキサグリプチンを投与しても、心血管イベントはプラセボと同等であり、心不全による入院や重度の低血糖が多く、死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2016OCT 24
糖尿病

SGLT2阻害薬は糖尿病患者の心不全に効果がありますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にエンパグリフロジンを投与すると、心不全による入院または心血管死亡、心不全による入院または心不全死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2016MAR 07
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?①


湿疹ハイリスク新生児にエモリエント療法を行うと、アトピー性皮膚炎発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015NOV 05
脂質異常症

心血管の病気の可能性が低くてもコレステロール低下薬を飲んだほうがよいですか?


心血管疾患リスクの低い人にスタチンを投与すると、総死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ない

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
2014AUG 18
心疾患

インフルエンザワクチンを接種すると、心臓病のリスクを減らせますか?


インフルエンザワクチンを接種すると、接種しない場合に比べて心血管イベントの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016APR 07
脂質異常症

スタチンでコレステロールを下げると、長期にも血管疾患を予防できますか?


プラセボ群の高リスク者でも、その後スタチンでLDLコレステロール値を低下させると、長期的な主要血管イベントの発生はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 28
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?②


ハイリスク新生児にエマルジョン型の保湿剤によるケアを行うと、アトピー性皮膚炎または湿疹が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016SEP 15
認知症

ω3系多価不飽和脂肪酸サプリメントで認知症は予防できますか?


後期加齢黄斑変性の進行リスクが高い高齢者にω3系多価不飽和脂肪酸サプリメントを投与しても、認知機能変化はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015SEP 28
脳卒中

血液を固まりにくくする薬リバーロキサバンは、これまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンとほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 30
副作用

血液を固まりにくくする薬エドキサバンはこれまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にエドキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンに比べて同等で重大な出血は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2012OCT 25
COPD

COPDに対して疾病管理プログラムを行うと、効果がありますか?


ハイリスクCOPD(慢性閉塞性肺疾患)患者に疾病管理プログラムを行うと、通常ケアに比べて入院や救急外来受診が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2002年発表
2011MAR 07
脂質異常症

高齢者でもコレステロール低下薬は飲んだほうがよいのでしょうか?


心血管疾患の既往またはリスクの高い高齢者にコレステロール低下薬を投与すると、心血管疾患は少ないが、がんが多いかもしれない

さらに詳しく