Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015OCT 15
サプリメント

アトピー性皮膚炎にビタミンDサプリメントは効果がありますか?


冬期に悪化するアトピー性皮膚炎患者に、スキンケアに加えてビタミンDサプリメントを投与すると、皮膚炎の改善度が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 28
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?②


ハイリスク新生児にエマルジョン型の保湿剤によるケアを行うと、アトピー性皮膚炎または湿疹が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2012OCT 25
COPD

COPDに対して疾病管理プログラムを行うと、効果がありますか?


ハイリスクCOPD(慢性閉塞性肺疾患)患者に疾病管理プログラムを行うと、通常ケアに比べて入院や救急外来受診が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 06
認知症

動脈硬化予防の生活指導や治療で認知症は予防できますか?


高齢者に看護師による心血管リスクの評価、生活指導、薬物療法からなる介入を実施しても、通常のケアと比較して認知症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2012年発表
2014DEC 15
その他

介護サービスの調整役(ケアマネジャー)がいると、要介護高齢者の施設入所や死亡は減りますか?


介護サービスの調整役がいると、要介護高齢者の施設入所と死亡をあわせたものが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
2017MAY 01
心疾患

末期の心不全患者が退院したら、訪問看護を入れたほうがよいですか?


末期心不全患者に退院後移行期緩和ケアをすると、12週以内の再入院は少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015JUN 25
心疾患

心不全患者が退院して在宅ケアになるときには、どのようなケアを受ければよいですか?


心不全患者の退院後移行期ケアは、訪問指導や診療所での外来サポートで再入院や総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2005年発表
2014OCT 20
その他

エアマットレスのほうが褥瘡は予防できますか?


圧変動エアマットレスを用いても、4時間毎の体位交換を行う標準ケアと比べて、褥瘡の発生は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 31
その他

便秘に指圧は効果がありますか?


標準的ケアに加え会陰部の自己指圧療法の指導を行うと、便秘関連QOLの改善度が大きい

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015OCT 22
痛み

乳幼児への痛みを伴う処置は、どのような方法で痛みを軽減できるでしょうか?②


スワドリングやファシリテイティッド・タッキングによるケアを行うと、早産児の痛み刺激に対する反応や痛みから回復するまでの反応が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015APR 09
その他

睡眠薬や抗不安薬をやめるのに何かよい方法はありますか?


家庭医によるベンゾジアゼピン離脱プログラムを行うと、通常ケアに比べて、ベンゾジアゼピン系薬剤服用の中止が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016OCT 06
その他

プライマリーケアにおいてマインドフルネス(瞑想)は健康に効果がありますか?


プライマリーケアにおいてマインドフルネスに基づく介入は、健康に中位の効果がある

さらに詳しく