Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2019年発表
CMEC Article
2019DEC 02
心疾患

フェブキソスタットで心臓病、脳卒中、腎臓病は予防できますか?


心血管リスクと高尿酸血症がある高齢者にフェブキソスタットを投与すると、通常治療と比べ脳心血管腎イベント、総死亡は少ないが、総死亡、脳血管疾患、非致死的冠動脈疾患はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019OCT 21
糖尿病

すでに心血管病のある2型糖尿病の人は血糖コントロールを厳しくしたほうがよいですか?


心血管病のある2型糖尿病患者に厳格な血糖コントロールをしても、標準血糖コントロールと比較して心血管イベントの発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 19
心疾患

心不全で入院した患者の退院時に、移行期ケアは効果がありますか?


心不全で入院した患者の退院時に、セルフケア教育、退院サマリーの作成、1週以内の家庭医によるフォローアップ、高リスク患者に対する看護師訪問と心不全外来受診などの移行期ケアを行っても、通常のケアと比べ、3ヵ月以内の再入院、救急外来受診または死亡は、通常のケアと比較してほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 01
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血発作では、血栓を予防する薬を2種類服用したほうがよいですか?


急性期の微小脳梗塞または高リスクの一過性脳虚血発作の患者に発症24時間以内にクロピドグレルとアスピリンの投与を開始すると、アスピリンのみと比べ非致死的脳卒中再発が少ないが、中等症または重症頭蓋外出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 30
感染症

胆のう炎は、胆のうを摘出してしまったほうがよいですか?


APACHE II により高リスクと判断された急性結石性胆嚢炎患者に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施すと、経皮的カテーテル胆嚢ドレナージを施す場合と比較して、1年以内の死亡は少ない傾向にあり、主要合併症の発症は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 22
脳卒中

軽症の脳梗塞や一過性脳虚血発作では、2種類の抗血小板薬を併用したほうが脳卒中の 再発は予防できますか?


軽症の急性脳梗塞または高リスクの一過性脳虚血発作の患者にクロピドグレルとアスピリンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ虚血性血管イベントが少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 28
糖尿病

低血糖を起こしにくいインスリン製剤はありますか?新しいインスリン製剤を使うと、従来のインスリン製剤より低血糖は少なくなりますか?


2型糖尿病患者にインスリンデグルデクを投与すると、インスリングラルギンU100と比べ症候性低血糖が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 07
感染症

肺炎の入院患者にステロイドは効果がありますか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボと比べ総死亡が少ない傾向にあるが、高血糖と肺炎関連の再入院が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 13
感染症

乳児の重症細気管支炎に鼻カニューレ高流量酸素療法は効果がありますか?


酸素補給療法を必要とする細気管支炎の乳児に、鼻カニューレ高流量酸素療法を行うと、標準酸素療法と比べ、治療失敗による治療の段階的増強が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018NOV 29
その他

子供の便秘にはどんな薬がよいですか?


機能性便秘症の子供にポリエチレングリコールを投与すると、プラセボもしくは他の下剤と比較して週あたりの排便回数が多く、また高用量のほうが低用量と比べて排便回数は多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 31
感染症

肺炎にステロイドは効果がありますか?


肺炎患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボまたは投与なしと比べ、総死亡は少ないが、高血糖が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 30
心疾患

ナトリウム利尿ペプチドを指標に心不全の治療をすると、心不全による入院や心臓病による死亡は減少しますか?


左室駆出率の低下した高リスクの心不全患者にNT-proBNPを指標とした心不全治療を行うと、通常のケアと比べ心不全による入院、心血管死亡は同等である

さらに詳しく