Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 22
冠動脈疾患

アスピリンの心臓病や脳卒中の予防効果は、体重によって違いがありますか?


低用量のアスピリンを投与すると、投与しない場合に比べて、体重70kg未満の患者では心血管イベントが少ないが、体重70kg以上の患者では同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 08
糖尿病

新しい糖尿病の薬で腎臓病の悪化は予防できますか?


2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬を投与すると、プラセボと比べeGFR 40%以上低下、透析を要する末期腎疾患、腎臓要因による死亡の複合アウトカムと総死亡が少ないが、性器感染症が多い

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JUL 04
冠動脈疾患

心不全のない心筋梗塞患者には、アルドステロン拮抗薬を使うとよいですか?


臨床的な心不全のない、もしくは左室駆出率が40%以上のST上昇型心筋梗塞患者にアルドステロン拮抗薬を投与すると、死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUN 24
がん

健康な高齢者がアスピリンを飲むと、死亡、もしくはがんによる死亡は減りますか?


心血管疾患、認知症または身体機能障害がない高齢者にアスピリンを投与すると、プラセボと比べ総死亡、がん関連死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 13
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、3種類合剤の吸入薬を使ったほうがよいですか?


進行したCOPD患者にフルチカゾンフランカルボン酸エステル・ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の3種の合剤を投与すると、フルチカゾンフランカルボン酸エステル・ビランテロール吸入薬、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の2種類の合剤投与と比べ、中等症から重症の増悪が少ないが、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬に比べ肺炎が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 23
糖尿病

糖尿病患者では、アスピリンで心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往がない糖尿病患者にアスピリンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019MAY 20
脂質異常症

ニコチン酸を投与すると死亡は減りますか?


心血管疾患の既往もしくはリスクのある患者にニコチン酸を投与しても総死亡は減らず、副作用による治療中止が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 29
その他

内科の入院患者の退院後に血が固まりにくくする薬を使うと、静脈血栓症は予防できますか?


静脈血栓塞栓症のリスクが高い、内科疾患による入院患者の退院後にリバーロキサバンを投与すると、プラセボと比べ症候性静脈血栓塞栓症、静脈血栓塞栓症による死亡が少ない傾向にあるが、重大出血が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019MAR 25
心疾患

心肺蘇生の気道管理は、気管挿管より挿入が簡単なチューブを使ったほうがよいですか?


高度の気道管理が必要と想定される院外心停止の患者に気道管理として最初にラリンジアルチューブを使用すると、気管挿管と比べ72時間後の生存が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 04
心疾患

心房細動と心不全がある人にカテーテルアブレーションは効果がありますか?


心房細動と心不全がある患者にカテーテルアブレーションを行うと、薬物療法と比べ、総死亡及び心不全悪化による入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019FEB 25
冠動脈疾患

心筋梗塞では酸素を投与したほうがよいですか?


低酸素血症がない急性心筋梗塞患者に酸素を投与しても、酸素なしと比べ総死亡、心不全、不整脈は同等で、冠動脈イベントの再発が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019FEB 18
COPD

進行した慢性閉塞症肺疾患(COPD)では、3種類の薬が入った吸入薬のほうがよいですか?


進行したCOPD患者にベクロメタゾンプロピオン酸エステル・ホルモテロールフマル酸塩・グリコピロニウム吸入薬を投与すると、インダカテロール・グリコピロニウム吸入薬と比べ中等症から重症の増悪が少ない

さらに詳しく