Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 02
その他

個別化された多因子の転倒予防プログラムで転倒による傷害は予防できますか?


転倒リスクが高い高齢者に、看護師による転倒リスク評価と個別化された多因子介入を実施しても、通常のケアと比べ、重篤な転倒による傷害はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 09
がん

家族に胃癌の人がいるピロリ菌に感染した人は、ピロリ菌の除菌で胃癌の発症は予防できますか?


第一度近親者に胃癌の家族歴があり、Helicobacter pylori菌に感染した患者にHelicobacter pylori菌の除菌治療を行うと、プラセボと比べ胃癌の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 22
糖尿病

新しい糖尿病の薬(DPP-4阻害薬)は高齢者に効果がありますか?


心血管疾患の既往あるいは腎機能障害を認める2型糖尿病患者にリナグリプチンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントは同等であるが、75歳以上の高齢者では心血管イベントが少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 04
その他

高齢者の尿失禁を伴う過活動膀胱にミラベグロンは効果がありますか?


尿失禁を伴う過活動膀胱の65歳以上の高齢者にミラベグロンを投与すると、プラセボと比べ排尿回数の減少が大きく、尿失禁回数の減少が大きい

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 19
その他

高齢者の足の問題には対処したほうがよいですか?


高齢者の足の問題に複数の観点から介入すると、転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 20
その他

80歳以上の高齢者の潜在性甲状腺機能低下症に甲状腺ホルモンは効果がありますか?


潜在性甲状腺機能低下症がある80歳以上の高齢者にレボチロキシンを投与しても、プラセボと比べ甲状腺機能低下症状、倦怠感は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 20
その他

転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを行うと、転倒の再発は予防できますか?


転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを実施すると、通常のケアと比べ転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2019年発表
CMEC Article
2019DEC 02
心疾患

フェブキソスタットで心臓病、脳卒中、腎臓病は予防できますか?


心血管リスクと高尿酸血症がある高齢者にフェブキソスタットを投与すると、通常治療と比べ脳心血管腎イベント、総死亡は少ないが、総死亡、脳血管疾患、非致死的冠動脈疾患はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019SEP 23
骨粗しょう症

高齢者の転倒予防によい方法はありますか?


プライマリケアチームの組織変更を行うと、高齢者の傷害を伴う転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUN 24
がん

健康な高齢者がアスピリンを飲むと、死亡、もしくはがんによる死亡は減りますか?


心血管疾患、認知症または身体機能障害がない高齢者にアスピリンを投与すると、プラセボと比べ総死亡、がん関連死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019JAN 24
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に運動、運動+視力の評価と治療、運動+視力の評価と治療+環境の評価と調整、診療所レベルの質の改善活動+多因子評価と治療+カルシウム+ビタミンDの投与を行うと、傷害を伴う転倒が少ない。また、診療所及び患者レベルの質の改善活動+多因子評価と治療を行っても、転倒関連の入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018OCT 29
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に多因子介入を行うと転倒が少ないが、傷害を伴う転倒人数は同等であり、運動を行うと転倒人数と傷害を伴う転倒が少なく、ビタミンDの投与では転倒、転倒人数は同等である

さらに詳しく