Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 31
感染症

肺炎にステロイドは効果がありますか?


肺炎患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボまたは投与なしと比べ、総死亡は少ないが、高血糖が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 30
心疾患

ナトリウム利尿ペプチドを指標に心不全の治療をすると、心不全による入院や心臓病による死亡は減少しますか?


左室駆出率の低下した高リスクの心不全患者にNT-proBNPを指標とした心不全治療を行うと、通常のケアと比べ心不全による入院、心血管死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 19
糖尿病

糖尿病患者に血糖、血圧、脂質を厳しくコントロールすると心血管疾患が予防できますか?


糖尿病患者に、血糖、血圧、脂質を厳しくコントロールすると心血管疾患は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 1984年発表
CMEC Article
2017NOV 20
脂質異常症

高コレステロール血症を薬で治療すると心筋梗塞は予防できますか?


高コレステロール血症の中年男性にコレスチラミンを投与すると心筋梗塞が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017AUG 31
糖尿病

糖尿病で腎臓の悪化を防ぐには血糖の管理を厳しくしたほうがよいですか?


糖尿病患者に厳格な血糖管理をすると末期腎不全は少ない傾向にあるが心血管死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JUL 03
糖尿病

妊娠中の糖尿病にメトホルミンは効果がありますか?


妊娠糖尿病または2型糖尿病の妊婦にメトホルミンを投与すると、インスリンの投与と比較して新生児低血糖、LGA児が少なく、早産、SGA児、周産期死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 08
感染症

肺炎にはステロイドを使ったほうがよいのでしょうか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、総死亡とICU入室が少ない傾向にあり、人工呼吸器の使用、ARDSの発症が少なく、臨床的安定化までの時間が短いが、高血糖が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 01
感染症

小児の細気管支炎に高濃度の食塩水の吸入は効果がありますか?


急性細気管支炎の小児に高張食塩水吸入を行うと、入院期間が短く、入院率が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016APR 25
糖尿病

糖尿病で血圧と血糖を厳しくコントロールすると、眼や腎臓の合併症は予防できますか?


2型糖尿病患者で血圧と血糖を厳しくコントロールしても、腎不全の発症、網膜光凝固または硝子体手術の実施は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016APR 07
脂質異常症

スタチンでコレステロールを下げると、長期にも血管疾患を予防できますか?


プラセボ群の高リスク者でも、その後スタチンでLDLコレステロール値を低下させると、長期的な主要血管イベントの発生はほぼ同等である

さらに詳しく