Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2020MAR 16
骨粗しょう症

骨粗しょう症予備軍でも骨を強くする点滴を受けたほうがよいですか?


閉経後骨減少症の女性にゾレドロン酸を静注投与すると、プラセボと比べて脊椎以外または脊椎の脆弱性骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 30
感染症

骨や関節の感染症では、飲み薬の抗菌薬でもよいですか?


骨または関節の感染症の患者に手術または抗菌薬開始後7日以内に経口抗菌薬に変更、6週間の治療を行うと、静注抗菌薬6週間の治療と比べ治療の失敗は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019SEP 23
骨粗しょう症

高齢者の転倒予防によい方法はありますか?


プライマリケアチームの組織変更を行うと、高齢者の傷害を伴う転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 18
骨粗しょう症

圧迫骨折の痛みに手術は効果がありますか?


急性椎体圧迫骨折の患者に椎体形成術を行っても、みせかけの処置と比べ疼痛の改善は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018DEC 03
骨粗しょう症

カルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますかカルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますか?


50歳以上の地域住民にカルシウムまたはビタミンDを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べ大腿骨頸部骨折が多い傾向にあり、カルシウムとビタミンDを投与すると、同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JAN 18
骨粗しょう症

月1回の新しい骨粗鬆症の注射薬は週1回の内服薬よりも骨折予防に効果がありますか?


脆弱性骨折の既往がある骨粗鬆症の閉経後女性にロモソズマブを投与すると、アレンドロン酸の投与と比べ新規椎体骨折と臨床的骨折(非椎体骨折、症候性椎体骨折)が少ないが、心血管イベントは多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 21
骨粗しょう症

骨粗しょう症の男性にはどの薬がよいですか?


骨粗しょう症の男性に対してスホスホネート製剤を投与すると、椎体骨折・非椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 03
骨粗しょう症

骨の形成を促進する抗体は、閉経後の女性の骨粗しょう症に効果はありますか?


骨粗鬆症の閉経後女性にロモソズマブを投与すると、新規の椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 26
骨粗しょう症

骨折の痛みに、椎体形成術は効果がありますか?


骨粗鬆症性骨折に椎体形成術を行うと急性疼痛が改善する人の割合が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 10
骨粗しょう症

骨粗しょう症の注射薬で腰の圧迫骨折は予防できますか?


骨粗しょう症のある閉経後女性にアバロプラチドを投与すると、プラセボと比較して新規椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2016DEC 15
その他

手術後は積極的に輸血をしたほうがよいでしょうか?


大腿骨頚部骨折手術後に積極的な輸血を行っても、限定的な輸血と比較して60日後の死亡、歩行能力は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JUL 28
骨粗しょう症

高齢女性が運動やビタミンDを補充すると転倒を予防できますか ?


高齢女性に、運動、ビタミンD補充の一方または両方を行っても、転倒は同等である

さらに詳しく