Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 11
糖尿病

週1回の糖尿病注射(GLP-1受容体作動薬)で心臓病や脳卒中を予防できますか?


2型糖尿病患者にエクセナチドを投与してもプラセボと比べ、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 25
その他

睡眠時無呼吸では、マスクを用いた人工呼吸(CPAP療法)で心疾患を予防できますか?


閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者に持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)を行っても、CPAP療法なしと比べて主要心血管イベントは同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 21
骨粗しょう症

骨粗しょう症の男性にはどの薬がよいですか?


骨粗しょう症の男性に対してスホスホネート製剤を投与すると、椎体骨折・非椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 04
その他

男性の頻尿には2種類の薬を合わせて使ったほうがよいですか?


良性前立腺肥大の男性でイミダフェナシンとアルフゾシンを合わせて投与するほうが、アルフゾシン単独と比較して1日の排尿回数が統計学的には少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUL 13
がん

抗PD-1抗体製剤は非小細胞性肺がんに効果がありますか?


ペムブロリズマブを進行期の非小細胞性肺がんに投与すると、従来の化学療法に比べ無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 29
痛み

慢性的な腰痛に運動療法は効果がありますか?


非特異的な慢性腰痛もしくは再発性の慢性腰痛にモーターコントロールエクササイズを実施しても、他の運動療法と比べて、疼痛、生活能力の障害はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2017MAR 06
その他

心不全がある無呼吸にマスク換気は効果がありますか?


中枢型優位の睡眠時無呼吸と左室駆出率低下のある心不全患者に、適応補助換気療法を実施しても、総死亡・救命的心血管処置・心不全増悪による予定外の入院のいずれかの初発は多い傾向にあり、総死亡と心血管死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JAN 19
心疾患

アスピリンは心臓病の予防に効果がありますか?


冠動脈疾患の一次予防にアスピリンを投与すると、非致死的心筋梗塞や総死亡は少なく、非致死的脳卒中と冠動脈疾患死は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016DEC 26
その他

出血性潰瘍患者の内視鏡治療後における薬剤投与は、間欠的でも問題ないでしょうか?


出血リスクの高い消化性潰瘍患者における内視鏡治療後の再出血は、プロトンポンプ阻害薬を間欠的に投与しても、継続投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016OCT 17
痛み

急性の筋肉痛に鎮痛薬の湿布や塗り薬は効果がありますか?


急性の筋骨格痛に外用非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を投与すると、プラセボに比べて疼痛緩和率が高い

さらに詳しく