Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 20
痛み

手根管症候群に体外衝撃波治療はステロイドの注射より効果がありますか?


軽症から中等症の手根管症候群の患者に体外衝撃波治療を行うと、ステロイド局所注射と比べ12~24週後の症状と機能の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 28
その他

静脈血栓塞栓症の再発予防は長期に継続したほうがよいですか?


経口抗凝固療法終了後の特発性静脈血栓塞栓症の患者に、ビタミンK拮抗薬、抗血小板薬、または直接経口抗凝固薬による静脈血栓塞栓症の再発予防治療を継続すると、再発予防治療なしと比べ静脈血栓塞栓症関連死亡は同等で、静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にあるが、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 07
その他

がん患者のせん妄にベンゾジアゼピン系の鎮静薬を追加すると効果はありますか?


興奮性せん妄がある進行がん患者にハロペリドールの静脈注射に加えてロラゼパムの静脈注射を行うと、プラセボの投与と比べ興奮性せん妄の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 22
心疾患

炎症を抑える注射で心臓病や脳卒中は予防できますか?


心筋梗塞の既往がある高感度CRP高値の患者にカナキヌマブを投与すると、プラセボと比べて非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中、心血管死亡が少ないが、致死的感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JAN 18
骨粗しょう症

月1回の新しい骨粗鬆症の注射薬は週1回の内服薬よりも骨折予防に効果がありますか?


脆弱性骨折の既往がある骨粗鬆症の閉経後女性にロモソズマブを投与すると、アレンドロン酸の投与と比べ新規椎体骨折と臨床的骨折(非椎体骨折、症候性椎体骨折)が少ないが、心血管イベントは多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 11
糖尿病

週1回の糖尿病注射(GLP-1受容体作動薬)で心臓病や脳卒中を予防できますか?


2型糖尿病患者にエクセナチドを投与してもプラセボと比べ、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017NOV 02
痛み

帯状疱疹後神経痛はステロイドと局所麻酔薬の皮下注射で予防できますか?


帯状疱疹患者にトリアムシノロンとリドカインを皮下注すると、3ヵ月後の帯状疱疹関連痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 19
痛み

膝の痛みにステロイドの関節注射は効果がありますか?


変形性膝関節症患者にトリアムシノロンの関節内注射を行っても、生理食塩水と比べて膝の痛みの改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 09
痛み

3ヵ月以上続く腰痛は、椎間板にステロイド注射をすると痛みは少なくなりますか? 


3か月以上続く腰痛患者にプレドニゾロンを椎間板内に注入すると、注入1ヵ月後時点で腰痛が軽減する割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 10
骨粗しょう症

骨粗しょう症の注射薬で腰の圧迫骨折は予防できますか?


骨粗しょう症のある閉経後女性にアバロプラチドを投与すると、プラセボと比較して新規椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2017FEB 02
その他

静脈血栓の予防には、退院後も飲み薬を続けたほうがよいでしょうか?


入院患者に退院後もアピキサバンを投与しても、入院中のエノキサパリン投与と比較して、静脈血栓塞栓症は同等で、大出血が多い

さらに詳しく