Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018NOV 08
がん

がん患者の静脈血栓塞栓症に、新しい血液を固まりにくくする薬を使うとどうなりますか?


静脈血栓塞栓症のあるがん患者にエドキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発、重大出血は同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018NOV 05
痛み

慢性的な膝の痛みには鍼治療がよいのでしょうか?


変形性関節症由来の慢性膝痛患者に鍼治療を施すと、痛みおよび身体機能が改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 22
その他

静脈うっ滞による足の潰瘍では、静脈瘤の血管内焼灼術を使うと潰瘍は早く治りますか?


静脈うっ滞性下腿潰瘍の患者に表在性静脈逆流の血管内焼灼術を行うと、潰瘍の治癒までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018OCT 15
痛み

急性の痛みに対する治療は、自己調節鎮痛法の方がよいですか?


急性疼痛の患者に自己調節鎮痛法によるモルヒネ静脈注射を実施すると、医師の指示によるオピオイド注射を行う通常のケアと比べ痛みの減少が大きいが、臨床的に意味のある差はなく、有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018OCT 01
痛み

胃に負担のかからない痛み止めのほうが心臓や脳にも負担がかからないのでしょうか?


変形性関節症もしくは関節リウマチを有する患者にセレコキシブを投与すると、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中の発症はナプロキセンとイブプロフェンと比べて同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018SEP 17
その他

便秘型過敏性腸症候群にプレカナチドは効果がありますか?


便秘型過敏性腸症候群の患者にプレカナチドを投与すると、プラセボの投与と比べ治療に反応した患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018SEP 13
その他

便秘型過敏性腸症候群にプレカナチドは効果がありますか?


便秘型過敏性腸症候群の患者にプレカナチドを投与すると、プラセボの投与と比べ治療に反応した患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 10
COPD

好酸球増加のある慢性閉塞性肺疾患(COPD)にメポリズマブは効果がありますか?


中等症以上の増悪の既往があり、3剤併用維持療法を行っている好酸球増加を伴う慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にメポリズマブを投与すると、プラセボと比べ中等症または重症の増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018SEP 06
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)にメポリズマブは効果がありますか?


中等症以上の増悪の既往があり、3剤併用維持療法を行っている慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にメポリズマブを投与すると、好酸球増加型の患者では、プラセボと比べ中等症または重症の増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 13
冠動脈疾患

ショック状態の心筋梗塞の患者では、原因の血管以外の心臓の血管にもすぐに カテーテル治療をしたほうがよいですか?


冠動脈多枝病変のある心原性ショックを伴う急性心筋梗塞の患者に、責任病変のみの経皮的冠動脈形成術(PCI)実施後に段階的に非責任病変の血行再建を行うと、即座に多枝病変のPCI実施と比べ30日後の総死亡、透析を要する重症腎不全が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018JUN 11
痛み

尿路結石の痛みには、どんな鎮痛薬を使うとよいですか?


尿路結石による急性痛みに、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を投与すると、オピオイド、アセトアミノフェンと比べて、追加の鎮痛薬使用が少なく、オピオイドと比べて疼痛改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 28
その他

静脈血栓塞栓症の再発予防は長期に継続したほうがよいですか?


経口抗凝固療法終了後の特発性静脈血栓塞栓症の患者に、ビタミンK拮抗薬、抗血小板薬、または直接経口抗凝固薬による静脈血栓塞栓症の再発予防治療を継続すると、再発予防治療なしと比べ静脈血栓塞栓症関連死亡は同等で、静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にあるが、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく