Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 16
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士による新しいサービスを提供したほうがよいですか?


週末もコメディカルによる新たなサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院は少なく、平均入院期間は長く、有害事象は多く、再入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 12
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士によるサービスを                                  提供したほうがよいですか?


急性期病棟入院患者に週末もコメディカルによるサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院、有害事象、再入院は同等、平均入院期間は短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 09
脳卒中

急性期の脳卒中に酸素は効果がありますか?


低酸素血症がない急性期の脳卒中患者に低流量酸素を投与すると、酸素投与なしと比べ90日後の機能障害は同等であり、継続的な酸素投与と夜間のみの酸素投与を比べても同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 05
その他

鼻出血にトラネキサム酸は効果がありますか?


抗血小板薬内服中の鼻出血患者にトラネキサム酸に浸した綿栓を鼻孔内に挿入すると、トラネキサム酸を使用しない綿栓の挿入と比べ10分後に止血が得られた患者の割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 02
痛み

麻薬依存の再発予防には、どんな薬が有効ですか?


オピオイド使用障害の患者の薬物除去治療後にナルトレキソン徐放薬を投与すると、ブプレノルフィン-ナロキソンの投与と比べて24週後のオピオイド使用の再発が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 28
うつ病

抗うつ薬を中止すると、不安障害は再発しやすくなりますか?


うつ薬に反応した不安障害患者で抗うつ薬の投与を中止すると、抗うつ薬の投与継続と比べ再発が多く、再発までの期間が短い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 25
脳卒中

心房細動に左心耳閉鎖術は効果がありますか?


心房細動患者に左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンの投与と比べ脳卒中、全身性塞栓症、心血管または原因不明の死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 18
感染症

皮膚の消毒に使うクロルヘキシジンは、アルコール製剤と水溶性製剤のどちらがよいですか?


皮膚の小手術を受ける患者にクロルヘキシジンのアルコール製剤で術前皮膚消毒を行うと、クロルヘキシジンの水溶性製剤と比べ手術部位感染症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JUN 07
感染症

喘息がない人の下気道感染にステロイド内服は効果がありますか?


急性下気道炎の患者にプレドニゾロンを投与しても、プラセボに比べて中等度以上の咳の持続期間や2~4日目の症状は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 31
感染症

肺炎にステロイドは効果がありますか?


肺炎患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボまたは投与なしと比べ、総死亡は少ないが、高血糖が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 28
その他

静脈血栓塞栓症の再発予防は長期に継続したほうがよいですか?


経口抗凝固療法終了後の特発性静脈血栓塞栓症の患者に、ビタミンK拮抗薬、抗血小板薬、または直接経口抗凝固薬による静脈血栓塞栓症の再発予防治療を継続すると、再発予防治療なしと比べ静脈血栓塞栓症関連死亡は同等で、静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にあるが、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 21
その他

胃酸の分泌を抑える新しい薬、ボノプラザンは、アスピリン潰瘍の再発予防に効果がありますか?


消化性潰瘍の既往があり、低用量アスピリンの投与が必要な患者にボノプラザンを投与すると、ランソプラゾールの投与と比べ消化性潰瘍の再発が少ない傾向にあるが、胃がん食道がんが多い傾向にある

さらに詳しく