Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JAN 22
心疾患

心筋梗塞では酸素を吸入したほうがよいですか?


低酸素血症がない急性心筋梗塞が疑われる患者に酸素を投与すると、空気と比べて1年後の総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JAN 18
骨粗しょう症

月1回の新しい骨粗鬆症の注射薬は週1回の内服薬よりも骨折予防に効果がありますか?


脆弱性骨折の既往がある骨粗鬆症の閉経後女性にロモソズマブを投与すると、アレンドロン酸の投与と比べ新規椎体骨折と臨床的骨折(非椎体骨折、症候性椎体骨折)が少ないが、心血管イベントは多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 28
感染症

喉の痛みにステロイドは効果がありますか?


咽頭痛に対してステロイド全身投与を行うと、プラセボに比べて24~48時間後の痛みの消失や改善度が大きく、痛みの改善開始・消失までの時間が早い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017NOV 30
その他

尿失禁に電気鍼治療は効果がありますか?


切迫性尿失禁のある女性に電気鍼治療を行うと、見せかけの電気鍼治療と比べて尿失禁量の減少が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017NOV 02
痛み

帯状疱疹後神経痛はステロイドと局所麻酔薬の皮下注射で予防できますか?


帯状疱疹患者にトリアムシノロンとリドカインを皮下注すると、3ヵ月後の帯状疱疹関連痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017OCT 30
冠動脈疾患

心筋梗塞後にはコレステロールを下げる薬を複数使ったほうがいいですか?


急性心筋梗塞後の患者に、スタチンに追加しエゼチミブを投与すると心血管イベントがわずかに少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 16
その他

蕁麻疹のかゆみにはステロイドを使ったほうがよいでしょうか?


急性蕁麻疹にレボセチリジンに加えプレドニゾンを投与すると、レボセチリジンのみの投与と比べ2日後のかゆみの消失の割合が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 09
痛み

3ヵ月以上続く腰痛は、椎間板にステロイド注射をすると痛みは少なくなりますか? 


3か月以上続く腰痛患者にプレドニゾロンを椎間板内に注入すると、注入1ヵ月後時点で腰痛が軽減する割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 03
骨粗しょう症

骨の形成を促進する抗体は、閉経後の女性の骨粗しょう症に効果はありますか?


骨粗鬆症の閉経後女性にロモソズマブを投与すると、新規の椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2017JUL 24
がん

進行した悪性黒色腫に新しい免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


進行した悪性黒色腫の手術後にイピリムマブを投与すると、プラセボの投与と比較して無再発生存が多いが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUN 05
がん

再発した頭頚部がんに、ニボルマブは効果がありますか?


化学療法後に再発した頭頚部扁平上皮がん患者にニボルマブを投与すると、標準的な抗悪性腫瘍薬の投与に比べて、生存期間が長い

さらに詳しく