Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 27
痛み

椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛に手術は効果がありますか?


腰椎椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛患者に、顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行うと、保存的治療と比べ6ヵ月後の下肢痛が小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 23
痛み

変形性膝関節症にステロイドの注射は理学療法より効果がありますか?


変形性膝関節症の患者にステロイド注射を行うと、理学療法と比べ1年後の疼痛と機能障害が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 02
痛み

片頭痛の予防に鍼治療は効果がありますか?


前兆を伴わない片頭痛患者に鍼治療を行うと、通常のケアや見せかけの鍼治療と比べて、13~20週後の片頭痛発作日数と、17~20週後の片頭痛発作回数が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 30
冠動脈疾患

心筋梗塞後の患者にコルヒチンを投与すると、心臓病や脳卒中は予防できますか?


発症30日以内の心筋梗塞の患者にコルヒチンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 02
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群が疑われる場合、高感度トロポニン測定は受診から1時間後でも大丈夫ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、低閾値の高感度トロポニンを受診時と1時間後に測定するプロトコルを使用すると、高閾値の高感度トロポニンを受診時と3時間後に測定する標準的プロトコルと比べて、30日以内の総死亡、および心筋梗塞はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2020MAR 16
骨粗しょう症

骨粗しょう症予備軍でも骨を強くする点滴を受けたほうがよいですか?


閉経後骨減少症の女性にゾレドロン酸を静注投与すると、プラセボと比べて脊椎以外または脊椎の脆弱性骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 27
副作用

心臓のカテーテル治療後は、新しい血栓の予防薬のみのほうが、 アスピリンとの併用よりも出血が少ないですか?


経皮的冠動脈形成術(PCI)後にチカグレロルとアスピリンを3ヵ月投与された患者にチカグレロルのみを投与すると、チカグレロルとアスピリンの併用と比べ出血イベントが少なく、虚血性イベントは同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020FEB 24
痛み

腰部脊柱管狭窄症に手術は効果がありますか?


腰部神経根症の患者に手術を行うと、非手術的治療と比べ6~26週後の機能障害が小さいが、2年後の機能障害は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 17
その他

救急外来受診や入院後に移行期ケアクリニックによるケアを行うと、死亡や病院受診を減らすことができますか?


救急外来受診、経過観察のための病院滞在、または入院後に離院する患者に移行ケアクリニックによるケアを行うと、通常のケアと比べ90日以内の死亡または病院受診はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 27
その他

手術後のせん妄は、鎮痛薬で予防できますか?


心臓手術を受ける患者にアセトアミノフェンを静脈注射すると、プラセボと比べ術後せん妄が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 13
その他

静脈うっ滞による足の潰瘍では、早期に静脈のアブレーションをしたほうがよいですか?


静脈うっ滞性下肢潰瘍の患者に早期に表在静脈内アブレーションを行うと、潰瘍治癒後の静脈内アブレーションと比べ潰瘍治癒までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 06
痛み

肩の腱板断裂では、手術をしたほうがよいですか?


3cm未満の腱板断裂患者に腱板修復術を行うと、理学療法と比べ10年後の肩関節機能スコアは良好である

さらに詳しく