Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 13
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、3種類合剤の吸入薬を使ったほうがよいですか?


進行したCOPD患者にフルチカゾンフランカルボン酸エステル・ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の3種の合剤を投与すると、フルチカゾンフランカルボン酸エステル・ビランテロール吸入薬、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の2種類の合剤投与と比べ、中等症から重症の増悪が少ないが、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬に比べ肺炎が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 16
その他

腹部の手術では、点滴を少なめにしたほうがよいですか?


腹部の大手術を受ける合併症のリスクが高い患者の術中と術後に少なめの輸液を行うと、多めの輸液と比べ1年後の障害のない生存は同等であり、急性腎障害が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 06
その他

進行した肝硬変にアルブミンは効果がありますか?


非代償性肝硬変の患者にアルブミンを投与すると、アルブミンなしと比べ総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 02
がん

前立腺がんのホルモン療法は短期間でもよいですか?


前立腺がん患者に放射線療法に加えて18ヵ月のアンドロゲン除去療法を行うと、36ヵ月のアンドロゲン除去療法と比べ5年後の生存率はほぼ同等で、生活の質は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 04
その他

集中治療室に入室した重症患者の輸液は、生理食塩水よりもリンゲル液の方がよいですか?


集中治療室に入室した重症成人患者に、調整晶質液による輸液を行うと、生理食塩水による輸液と比べ30日以内の総死亡、透析導入、持続性腎機能障害が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 01
痛み

乳がんのホルモン療法による関節痛に鍼治療は効果がありますか?


アロマターゼ阻害薬関連関節痛を有する乳がん患者に鍼治療を行うと、見せかけの鍼治療、もしくは針治療なしと比べ、6週後の関節痛改善が大きいが、臨床的に意味のある差はない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019MAR 07
がん

がんの胸水の治療で、留置カテーテルと胸膜癒着術のどちらが入院日数は短くなりますか?


悪性胸水の患者に留置胸腔カテーテルによる治療を行うと、タルクによる胸膜癒着術と比べ入院日数が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019FEB 18
COPD

進行した慢性閉塞症肺疾患(COPD)では、3種類の薬が入った吸入薬のほうがよいですか?


進行したCOPD患者にベクロメタゾンプロピオン酸エステル・ホルモテロールフマル酸塩・グリコピロニウム吸入薬を投与すると、インダカテロール・グリコピロニウム吸入薬と比べ中等症から重症の増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 17
がん

転移のある肺がんに、免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


転移性非小細胞肺がん患者にペメトレキセドとプラチナ製剤による化学療法に加えてペムブロリズマブを投与すると、プラセボの投与と比べ生存期間および無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018NOV 26
がん

がんの胸水に薬物の注入は効果がありますか?


胸腔ドレーン挿入後も有意な胸水が残存する悪性胸水の患者にウロキナーゼを胸腔内注入後に胸膜癒着術を実施すると、プラセボ注入後の胸膜癒着術実施と比べ呼吸困難と胸膜癒着術の失敗は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018NOV 08
がん

がん患者の静脈血栓塞栓症に、新しい血液を固まりにくくする薬を使うとどうなりますか?


静脈血栓塞栓症のあるがん患者にエドキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発、重大出血は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018SEP 24
がん

進行した腎がんに免疫チェックポイント阻害薬は従来の抗がん剤より効果がありますか?


抗血管新生療法の治療歴がある進行腎細胞がん患者にニボルマブを投与すると、エベロリムスの投与と比べ生存期間が長い

さらに詳しく