Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 09
その他

輸血の血液製剤は新しいもののほうがよいですか ?


赤血球輸血が必要な重症の成人患者に入手可能な範囲で最も貯蔵期間が短い赤血球製剤を輸血すると、最も貯蔵期間が長い赤血球製剤の輸血と比べ90日後の総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 16
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士による新しいサービスを提供したほうがよいですか?


週末もコメディカルによる新たなサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院は少なく、平均入院期間は長く、有害事象は多く、再入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 12
その他

入院患者には、週末にもリハビリや医療ソーシャルワーカー、栄養士によるサービスを提供したほうがよいですか?


急性期病棟入院患者に週末もコメディカルによるサービスを提供すると、週末のサービスなしと比べ想定より長期の入院、有害事象、再入院は同等、平均入院期間は短い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 28
うつ病

抗うつ薬を中止すると、不安障害は再発しやすくなりますか?


うつ薬に反応した不安障害患者で抗うつ薬の投与を中止すると、抗うつ薬の投与継続と比べ再発が多く、再発までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JUN 07
感染症

喘息がない人の下気道感染にステロイド内服は効果がありますか?


急性下気道炎の患者にプレドニゾロンを投与しても、プラセボに比べて中等度以上の咳の持続期間や2~4日目の症状は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 05
糖尿病

糖尿病の足の潰瘍に高圧酸素療法は効果がありますか?


下肢虚血がある糖尿病下肢潰瘍の患者に高圧酸素療法を行うと、標準的ケアと比べ下肢の温存が多い傾向にあり、潰瘍の治癒と治癒までの期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 19
冠動脈疾患

心臓病の血管のステントはどんな種類で、 2種類の抗血小板薬はどれくらいの期間飲めばよいですか?


生体吸収性スキャフォールド、生分解性ポリマーステント、エベロリムスまたはゾタロリムス溶出性非吸収性ポリマーステントで死亡、心筋梗塞、標的血管の血行再建術は同等。非吸収性ポリマーステントで生体吸収性スキャフォールドと比べてステント血栓症が少なく、2種類の抗血小板薬の12ヵ月を超える投与で大出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 25
がん

乳がんに抗がん剤の併用は有効で安全ですか?


HER2陽性乳がん患者にラパチニブとトラスツズマブを併用すると、全生存期間は延長するが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 18
その他

白血病にブリナツモマブは効果がありますか?


急性リンパ性白血病患者にブリナツモマブを投与すると、標準化学療法に比べて全生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 07
がん

ニラパリブは卵巣がんの再発に効果がありますか?


プラチナ製剤感受性の再発性卵巣がんにニラパリブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2017JUL 19
感染症

憩室炎に抗菌薬は効果がありますか?


憩室炎に対して抗菌薬を使っても、経過観察と比べて、回復までの期間は同等である 

さらに詳しく