Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAR 04
冠動脈疾患

コレステロールを下げる薬は効果が現れるまでにどれくらい期間がかかりますか?


心血管疾患の既往がない50~75歳において、スタチンで得られる心血管イベントの予防効果は、イベントを500人のうち1人回避するために0.8年、200人のうち1人回避するために1.3年、100人のうち1人回避するために2.5年必要である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 22
痛み

偏頭痛の新しい治療薬候補は、どれくらい効きますか?


低分子経口投与型カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)受容体拮抗薬であるアトゲパントを、偏頭痛患者に12週間投与すると、プラセボと比べて1ヵ月あたりの偏頭痛を発症する日数が減る

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 15
脳卒中

80歳以上の心房細動患者にも脳卒中予防のための薬(抗凝固薬)を使った方が良いですか?


80歳以上の非弁膜性心房細動患者に、低用量でエドキサバンを投与すると、プラセボと比べて脳卒中および全身塞栓症の発症が少なく、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症に有効な薬はありますか?


重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に標準治療に加えてロピナビル-リトナビルを投与すると、標準治療のみと比べ臨床的改善までの期間はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

生薬や漢方薬は新型コロナウイルス感染症の症状に効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に西洋薬に加えて漢方薬を投与すると、西洋薬のみと比べ全般的有効率、咳、痰の症状消失率が高く、咳、発熱、咽頭痛、倦怠感の症状スコアが小さい

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にはどんな治療薬がよいですか?


新型コロナウイルス感染症の患者にステロイドを投与すると、標準治療と比べ総死亡、人工呼吸器装着が少なく、ヒドロキシクロロキン、レムデシビル、あるいはロピナビル-リトナビルを投与すると症状軽快までの期間が短いが、ヒドロキシクロロキンを投与すると有害事象が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JAN 25
その他

高齢者は薬を少なくしたほうがよいですか?


自宅で暮らす高齢者に処方薬の包括的な見直しを行うと死亡が少なく、入院は多い傾向にあり、生活の質向上や転倒予防に関しては不明である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JAN 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)で眼の合併症は予防できますか?


2型糖尿病の患者にSGLT2阻害薬を投与しても、プラセボと比べ全眼合併症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 28
その他

慢性腎臓病に新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)は効果がありますか?


慢性腎臓病患者にダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ腎・心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020DEC 14
喘息

喘息ではステロイドだけでなく気管支を広げる薬も入った吸入薬のほうがよいですか?


持続性喘息患者にモメタゾンフランカルボン酸エステル・ホルモテロール吸入薬を投与すると、モメタゾンフランカルボン酸エステル吸入薬のみと比ベて重篤な喘息アウトカムは多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 10
認知症

物忘れが気になる高血圧の人には、どのような薬がよいでしょうか?


軽度認知機能障害のある55歳以上の高血圧患者にカンデサルタンを投与すると、リシノプリルと比べて実行機能の評価がよい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 12
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血発作後には、抗血小板薬を2剤併用したほうが良いですか?


急性期脳梗塞または一過性脳虚血発作の患者にチカグレロルとアスピリンを投与すると、アスピリンの投与のみと比べ、30日以内の脳卒中または死亡が少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく