Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2015年発表
2017MAR 06
その他

心不全がある無呼吸にマスク換気は効果がありますか?


中枢型優位の睡眠時無呼吸と左室駆出率低下のある心不全患者に、適応補助換気療法を実施しても、総死亡・救命的心血管処置・心不全増悪による予定外の入院のいずれかの初発は多い傾向にあり、総死亡と心血管死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017FEB 16
脳卒中

脳梗塞に血管内治療は効果がありますか?


急性期脳梗塞患者に機械的血栓除去による血管内治療を実施すると、tPAによる標準的薬物療法と比較して障害の改善する人が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017FEB 13
心疾患

虚血性心筋症では、バイパス手術を受けたほうがよいのでしょうか?


虚血性心筋症にバイパス手術を施行すると、薬物療法のみに比べて総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017FEB 09
痛み

理学療法は腰痛に効果がありますか?


急性腰痛に対して4週の理学療法を行うと、通常ケアに比べて3ヵ月後の痛みや障害の改善度は同等である

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2016DEC 12
がん

乳がんの化学療法にはどの薬の組み合わせがよいでしょうか?


早期乳がん女性では、アントラサイクリン系ベース、タキサン系併用で総死亡、乳がん死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016DEC 08
脳卒中

脳梗塞の発症直後はどんな治療が有効ですか?


急性期脳梗塞患者に血栓溶解療法に加えステント型血栓回収デバイスを使用すると、血栓溶解療法のみと比較して90日後の生活機能の自立が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016NOV 28
糖尿病

糖尿病の人は、血圧の高さによって高血圧の治療効果に違いはありますか?


治療開始前の収縮期血圧が140mmHg以上の患者では降圧療法を行うと総死亡と心血管疾患が少ないが、収縮期血圧140mmHg未満の患者では降圧療法を行うと心血管死亡が多く、総死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016OCT 27
うつ病

季節性情動障害に認知行動療法は効果がありますか?


季節性情動障害の患者に認知行動療法を行うと、光療法と比べて、効果は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 25
その他

院外心停止の小児患者に、低体温療法は効果がありますか?


院外心停止を起こした小児患者に、低体温療法を行っても、正常体温療法と比べて、12ヵ月後の予後はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2016JUL 11
感染症

ピロリ菌の除菌は機能性ディスペプシアに効果がありますか?


機能性ディスペプシアを有するピロリ菌感染患者に、ピロリ菌除菌療法を行うと、消化器症状が改善する患者の割合が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 27
冠動脈疾患

心臓冠動脈のステント留置は、どのくらいの期間2種類の血栓を防ぐ薬を飲めばよいでしょうか?


ステント留置後、抗血小板剤2剤併用療法を12ヵ月行った場合に比べ、12ヵ月未満では大出血は少ないが、12ヵ月超では心筋梗塞は少ないが、大出血や総死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 23
その他

不眠症に認知行動療法は効果がありますか?


不眠症患者に認知行動療法を行うと、入眠までの時間や中途覚醒時間は短く、また睡眠効率は高く、総睡眠時間は長い傾向にある

さらに詳しく