Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018NOV 01
冠動脈疾患

心臓の血管が詰まったら手術の代わりにステントを入れてもよいのでしょうか?


中等度から軽度の左主冠動脈疾患患者では経皮的冠動脈形成術によるステント留置と冠動脈バイパス術とで総死亡、脳卒中、心筋梗塞の発症は同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018OCT 01
痛み

胃に負担のかからない痛み止めのほうが心臓や脳にも負担がかからないのでしょうか?


変形性関節症もしくは関節リウマチを有する患者にセレコキシブを投与すると、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中の発症はナプロキセンとイブプロフェンと比べて同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018SEP 27
冠動脈疾患

心臓の血管が詰まってしまった場合、どんな手術を受けるとよいのでしょうか?


左心主冠動脈疾患を有する患者に対して経皮的冠動脈形成術を施すと、冠動脈バイパス術を施した場合に比べて、主要な心脳血管疾患の発症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 03
心疾患

心房細動がある人では、心臓のステント治療後の血栓をできにくくする薬は2種類でもよいですか?


経皮的冠動脈形成術後の心房細動患者に、ダビガトラン、クロピドグレルまたはチカグレロルを投与すると、ワーファリン、アスピリン、クロピドグレルまたはチカグレロルの投与比べて出血が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 27
冠動脈疾患

安定狭心症に心臓カテーテル治療は効果がありますか?


高度冠動脈狭窄のある安定狭心症の患者に経皮的冠動脈形成術(PCI)を実施すると、プラセボの処置と比べ運動継続可能時間が長い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 13
冠動脈疾患

ショック状態の心筋梗塞の患者では、原因の血管以外の心臓の血管にもすぐに カテーテル治療をしたほうがよいですか?


冠動脈多枝病変のある心原性ショックを伴う急性心筋梗塞の患者に、責任病変のみの経皮的冠動脈形成術(PCI)実施後に段階的に非責任病変の血行再建を行うと、即座に多枝病変のPCI実施と比べ30日後の総死亡、透析を要する重症腎不全が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018MAY 17
冠動脈疾患

心臓病の人は、血液を固まりにくくする薬を2種類使うと、心臓病や脳卒中の予防により効果がありますか?


冠動脈疾患患者にアスピリンに加えて低用量リバーロキサバンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡が少ないが重大な出血が多く、リバーロキサバンのみの投与ではアスピリンの投与と比べ心筋梗塞、脳卒中、心血管死亡は同等で、重大な出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 30
心疾患

ナトリウム利尿ペプチドを指標に心不全の治療をすると、心不全による入院や心臓病による死亡は減少しますか?


左室駆出率の低下した高リスクの心不全患者にNT-proBNPを指標とした心不全治療を行うと、通常のケアと比べ心不全による入院、心血管死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 12
サプリメント

心不全患者はビタミンDを摂取すると長生きできますか?


心不全患者にビタミンDを投与すると、プラセボと比べ総死亡は同等であるが、補助人工心臓の植込みが多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018APR 09
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンは、心臓病や脳卒中の有無で効果に差がありますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、心血管疾患の既往がある患者ではプラセボと比べ心血管イベントが少ないが、下肢切断が多い。また、心血管疾患の既往がない患者では心血管イベントはほぼ同等で、下肢切断は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018APR 02
脂質異常症

心臓病や脳卒中になった人は、コレステロールを下げる薬で心臓病で脳卒中を予防できますか?


心血管疾患の既往がある患者にスタチン、非スタチン薬(エゼチミブ、PCSK9阻害薬)によるより強力なLDL低下療法を行うと、より緩やかな治療と比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 29
高血圧

腎臓病がない心臓病や脳卒中のリスクが高い人は、血圧をできるだけ下げたほうがよいですか?


心血管リスクが高く、慢性腎臓病がない高血圧患者に収縮期血圧140mmHg未満を目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧120mmHg未満を目標とした標準的降圧療法と比べ、心血管イベントは少ないが慢性腎臓病の発症が多い

さらに詳しく