Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 05
冠動脈疾患

川崎病に免疫を抑える薬は効果がありますか?


免疫グロブリンに反応しないと予測される川崎病患者に、免疫グロブリンに加えてシクロスポリンを投与すると、免疫グロブリンのみと比べ冠動脈病変合併症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 30
感染症

胆のう炎は、胆のうを摘出してしまったほうがよいですか?


APACHE II により高リスクと判断された急性結石性胆嚢炎患者に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施すと、経皮的カテーテル胆嚢ドレナージを施す場合と比較して、1年以内の死亡は少ない傾向にあり、主要合併症の発症は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 16
その他

腹部の手術では、点滴を少なめにしたほうがよいですか?


腹部の大手術を受ける合併症のリスクが高い患者の術中と術後に少なめの輸液を行うと、多めの輸液と比べ1年後の障害のない生存は同等であり、急性腎障害が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018DEC 24
冠動脈疾患

心臓の血管の病気の疑いがある人は、CT検査よりも造影検査を受けたほうがよいですか?


冠動脈疾患の疑いのある非定型狭心症もしくは胸部痛のある患者がCT検査を受けると、冠動脈造影検査を受ける場合と比ベて検査後合併症の発症は同等であり、その後の心血管イベントの発症も同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 03
心疾患

心房細動がある人では、心臓のステント治療後の血栓をできにくくする薬は2種類でもよいですか?


経皮的冠動脈形成術後の心房細動患者に、ダビガトラン、クロピドグレルまたはチカグレロルを投与すると、ワーファリン、アスピリン、クロピドグレルまたはチカグレロルの投与比べて出血が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 26
冠動脈疾患

造影剤の合併症は、炭酸水素ナトリウムやアセチルシステインで予防できますか?


血管造影を予定している腎合併症のリスクが高い患者において、死亡、透析の必要性、持続的な腎機能障害は、炭酸水素ナトリウムを投与しても、生理食塩水の投与と同等であり、またアセチルシステインを投与してもプラセボの投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 1971年発表
CMEC Article
2017NOV 23
糖尿病

糖尿病を薬で治療すると合併症は予防できますか?


2型糖尿病患者にトルブタミドで治療をすると心血管疾患死亡が多く、インスリンでは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験1971年発表
CMEC Article
2017SEP 28
糖尿病

薬による糖尿病の治療で合併症は予防できますか?


2型糖尿病患者にフェンホルミンで治療をすると、心血管疾患、死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 15
冠動脈疾患

心臓の手術を受ける時には、トラネキサム酸を使ったほうがよいのでしょうか?


冠動脈の手術を受ける患者にトラネキサム酸を投与すると、プラセボの投与と比較して総死亡、血栓性合併症はほぼ同等であり、痙攣が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 29
がん

乳がん手術後の放射線治療は、リンパ節領域まで照射したほうがよいでしょうか?


乳がんの術後に全乳房照射もしくは胸壁照射に加え、リンパ領域照射を行うと、リンパ領域照射を行わない場合に比べ10年後の生存が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016JUL 18
その他

大腸の手術前にチューインガムを噛むと術後の腸閉塞を予防できますか?


大腸手術の3時間前からチューインガムを噛むと、術後の入院期間が短い傾向にあり、腸閉塞が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2014年発表
CMEC Article
2016JUN 13
感染症

皮膚切開をする小規模な手術は滅菌手袋を使用したほうがよいですか?


皮膚切開を伴う小規模な手術は、滅菌されていない手袋の使用と、滅菌された手袋の使用で、術後の創傷感染の発生はほぼ同等である

さらに詳しく