Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 16
脳卒中

抗凝固薬の自己測定や自己管理は、血栓塞栓性予防に効果がありますか?


抗凝固薬の自己測定や自己管理を行うと、血栓塞栓性イベントの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 31
その他

便秘に指圧は効果がありますか?


標準的ケアに加え会陰部の自己指圧療法の指導を行うと、便秘関連QOLの改善度が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015DEC 14
脳卒中

急性期の脳卒中では、体温や血糖、嚥下障害の管理をしっかりしたほうがよいのでしょうか?


多職種教育プログラムにより体温、血糖、嚥下障害の管理を行うと、90日以内の死亡または後遺障害が少なく、身体的な生活の質も高いが、精神的な生活の質や日常生活動作はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015JUL 16
喘息

プラセボや偽鍼治療は、喘息の管理に効果がありますか?


喘息患者にプラセボや偽鍼治療を行うと、症状はサルブタモールと同等で、無治療より改善度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JAN 23
その他

大手術中の人工呼吸管理は、換気量を減らしPEEPをかけたほうがよいですか?


腹部大手術を施行中に、換気量を減らしPEEPをかけると、通常の人工換気に比べて重大な肺及び肺外合併症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験(医療経済評価)2010年発表
CMEC Article
2013JUL 04
その他

患者に電話で支援を積極的に行うと医療費を削減できますか?


医療費が高額になると予測された患者に対し、電話による自己管理スキル向上のための強化ケアマネジメントを行うと、通常のケアマネジメントに比べて入院件数や医療費が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2012OCT 25
COPD

COPDに対して疾病管理プログラムを行うと、効果がありますか?


ハイリスクCOPD(慢性閉塞性肺疾患)患者に疾病管理プログラムを行うと、通常ケアに比べて入院や救急外来受診が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2011AUG 04
脳卒中

ワルファリンを内服している間、患者自身が血液凝固能を測定し内服量を調節するとよいのでしょうか?


ワルファリン内服中の患者が凝固能自己測定と内服量調節すると血栓症や死亡が少なく、大出血については少ない傾向にある

さらに詳しく