Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018OCT 01
痛み

胃に負担のかからない痛み止めのほうが心臓や脳にも負担がかからないのでしょうか?


変形性関節症もしくは関節リウマチを有する患者にセレコキシブを投与すると、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中の発症はナプロキセンとイブプロフェンと比べて同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 21
その他

胃酸の分泌を抑える新しい薬、ボノプラザンは、アスピリン潰瘍の再発予防に効果がありますか?


消化性潰瘍の既往があり、低用量アスピリンの投与が必要な患者にボノプラザンを投与すると、ランソプラゾールの投与と比べ消化性潰瘍の再発が少ない傾向にあるが、胃がん食道がんが多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
2016DEC 05
感染症

小児の胃腸炎による脱水に、リンゴジュースを飲ませてもよいですか?


胃腸炎による軽症脱水の小児にリンゴジュースを投与すると、電解質補充液よりも治療の失敗が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2014年発表
CMEC Article
2015APR 13
感染症

まだ症状がないピロリ菌感染者にピロリ菌の除菌治療をすると、胃がんは予防できますか?


無症候性のピロリ菌感染患者にピロリ菌除菌を行うと、胃がんの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2013MAR 07
その他

胃食道逆流症の治療で、咳はよくなりますか?


3週間以上の咳に対してPPI(プロトンポンプ阻害薬)を投与すると、小児では治療の失敗が多い傾向にあるが、成人では治療の失敗が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2013JAN 31
感染症

偽膜性腸炎には新しい薬のほうが効きますか?


偽膜性腸炎による下痢に対し、フィダキソマイシンはバンコマイシンと比べて治癒率は同等で、再発は少ない

さらに詳しく
メタ分析2009年発表
2013JAN 28
がん

ピロリ菌を除菌すると胃がんを予防できますか?


ピロリ菌を除菌すると胃がんの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2008年発表
2012DEC 10
その他

ピロリ菌を除菌すると、胃がんの再発は予防できますか?


早期胃がんの患者にピロリ菌の除菌をすると、新たな胃がんの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2011年発表
2012OCT 22
感染症

胃腸炎で吐いているときに、吐き気止めは効きますか?


胃腸炎で嘔吐のある青少年に対して制吐薬を投与すると嘔吐の期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
2012AUG 27
感染症

ノロウイルス性胃腸炎の予防に、ワクチンは効果がありますか?


ノーウォークウイルスワクチンを接種すると、ウイルス投与後のウイルス性胃腸炎の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2011DEC 15
副作用

胃酸を抑える薬に、何か副作用がありますか?


胃酸分泌抑制薬(H2ブロッカー)を投与するとプラセボや胃粘膜保護薬と比較して肺炎が多い

さらに詳しく