Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAR 28
感染症

滲出性中耳炎による子供の聴力低下にステロイドは効果がありますか?


聴力低下のある滲出性中耳炎の小児にプレドニゾロンを投与すると、プラセボと比べ5週後の許容できる聴力を有する患者の割合が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018NOV 22
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で、血圧を145/80mmHg未満に厳格にコントロールすると脳卒中の発症は少なく、死亡と心疾患の発症は少ない傾向にあり、転倒や認知機能低下との関連はないが、低血圧や意識消失発作およびより多くの治療薬を使用する傾向がある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 30
心疾患

ナトリウム利尿ペプチドを指標に心不全の治療をすると、心不全による入院や心臓病による死亡は減少しますか?


左室駆出率の低下した高リスクの心不全患者にNT-proBNPを指標とした心不全治療を行うと、通常のケアと比べ心不全による入院、心血管死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018APR 02
脂質異常症

心臓病や脳卒中になった人は、コレステロールを下げる薬で心臓病で脳卒中を予防できますか?


心血管疾患の既往がある患者にスタチン、非スタチン薬(エゼチミブ、PCSK9阻害薬)によるより強力なLDL低下療法を行うと、より緩やかな治療と比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 14
痛み

慢性の腰痛に神経痛の治療薬は効果がありますか?


慢性腰痛患者にガバペンチンを投与してもプラセボと比べ痛みは同等であり、めまい、倦怠感、思考力の低下、視覚障害が多く、プレガバリンを投与すると他の鎮痛薬と比べ痛みが強く、めまいが多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2017NOV 13
その他

潜在性甲状腺機能低下症では甲状腺ホルモンを補充したほうがよいですか?


潜在性甲状腺機能低下症の高齢者にレボチロキシンを投与すると、プラセボと比べて甲状腺機能低下症の症状は同等で、総死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JUL 06
脂質異常症

コレステロールの低下は治療の種類によって効果に違いがありますか?


スタチンとスタチン以外の治療(食事療法、空腸バイパス術、エゼチミブ、胆汁酸排泄促進薬)では、LDLコレステロール低下の程度に応じて同程度に心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUN 01
その他

症状が安定している慢性閉塞性疾患(COPD)患者に長期酸素補充療法は効果がありますか?


安静時または運動時に中等度の酸素飽和度(SpO2)低下を認める安定期COPD患者に長期酸素補充療法を行っても、酸素補充療法を行わない場合に比べて、死亡または初回入院はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2017MAR 06
その他

心不全がある無呼吸にマスク換気は効果がありますか?


中枢型優位の睡眠時無呼吸と左室駆出率低下のある心不全患者に、適応補助換気療法を実施しても、総死亡・救命的心血管処置・心不全増悪による予定外の入院のいずれかの初発は多い傾向にあり、総死亡と心血管死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016OCT 13
認知症

高齢者は運動によって認知機能低下を予防できますか?


座りがちな高齢者に身体活動プログラムを実施しても、健康教育のみに比べて認知機能はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016APR 07
脂質異常症

スタチンでコレステロールを下げると、長期にも血管疾患を予防できますか?


プラセボ群の高リスク者でも、その後スタチンでLDLコレステロール値を低下させると、長期的な主要血管イベントの発生はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2015DEC 24
その他

栄養を強化することで、褥瘡は早く治りますか?


栄養不良の褥瘡患者に、アルギニン、亜鉛、抗酸化物質を強化した栄養剤を投与すると、褥瘡面積低下割合が大きい

さらに詳しく