Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 14
その他

薬剤師による多面的な介入で再入院は予防できますか?


ポリファーマシーのある入院患者に、薬剤師が薬剤レビュー、患者への面接、退院後の多職種へのフォローアップからなる多面的な介入を行うと、通常のケアと比べ再入院と救急外来受診が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018DEC 27
予防接種

予防接種の前に水を飲むと、予防接種後のめまいやふらつきは予防できますか?


予防接種前に飲水を推奨しても、通常のケアと比べ接種後の失神の前兆は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018OCT 15
痛み

急性の痛みに対する治療は、自己調節鎮痛法の方がよいですか?


急性疼痛の患者に自己調節鎮痛法によるモルヒネ静脈注射を実施すると、医師の指示によるオピオイド注射を行う通常のケアと比べ痛みの減少が大きいが、臨床的に意味のある差はなく、有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 11
痛み

陣痛に、バランスボール運動、マッサージ、温水シャワーは効果がありますか?


低リスク妊娠の分娩で入院した女性に、子宮口開大の程度に合わせてバランスボール運動、腰仙骨部マッサージ、温水シャワーを実施すると、通常のケアと比べ痛みの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 30
心疾患

ナトリウム利尿ペプチドを指標に心不全の治療をすると、心不全による入院や心臓病による死亡は減少しますか?


左室駆出率の低下した高リスクの心不全患者にNT-proBNPを指標とした心不全治療を行うと、通常のケアと比べ心不全による入院、心血管死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 05
糖尿病

糖尿病の足の潰瘍に高圧酸素療法は効果がありますか?


下肢虚血がある糖尿病下肢潰瘍の患者に高圧酸素療法を行うと、標準的ケアと比べ下肢の温存が多い傾向にあり、潰瘍の治癒と治癒までの期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAR 26
感染症

気道感染で、プロカルシトニンという血液検査で抗菌薬の開始や中止を決めると、死亡や治療の失敗は少なくなりますか?


成人の気道感染患者でプロカルシトニン値に基づいて抗菌薬の開始や中止を行うと、通常のケアと比べて総死亡が少なく、治療の失敗は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017JUL 10
その他

リスペリドン、ハロペリドールは、緩和ケア中のせん妄に効果がありますか?


緩和ケア中の末期患者のせん妄にリスペリドン、ハロペリドールを投与しても、プラセボに比べてせん妄の改善度は小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
2017MAY 01
心疾患

末期の心不全患者が退院したら、訪問看護を入れたほうがよいですか?


末期心不全患者に退院後移行期緩和ケアをすると、12週以内の再入院は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 06
認知症

動脈硬化予防の生活指導や治療で認知症は予防できますか?


高齢者に看護師による心血管リスクの評価、生活指導、薬物療法からなる介入を実施しても、通常のケアと比較して認知症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2017MAR 13
痛み

小児の四肢外傷はケタミンの鼻腔内投与で、フェンタニルと同じく痛みは緩和しますか ?


四肢外傷の小児にケタミンの鼻腔内投与を行うと、痛みの緩和はフェンタニルと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017FEB 09
痛み

理学療法は腰痛に効果がありますか?


急性腰痛に対して4週の理学療法を行うと、通常ケアに比べて3ヵ月後の痛みや障害の改善度は同等である

さらに詳しく