Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020MAY 18
COPD

β遮断薬で慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化は予防できますか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にメトプロロールを投与すると、プラセボと比べ増悪までの期間は同等であり、COPD増悪による入院が多く、総死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020APR 27
その他

超音波検査による腹部大動脈瘤検診は効果がありますか?


65歳以上の男性に超音波検査による腹部大動脈瘤検診を行うと、検診なしと比べ腹部大動脈瘤による死亡、腹部大動脈瘤破裂が少なく、総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020APR 23
感染症

敗血症にステロイドは効果がありますか?


敗血症患者にステロイドを投与すると、プラセボまたは通常のケアと比べ28日以内の死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020APR 16
心疾患

無症状の大動脈弁狭窄症でも早期に手術をしたほうがよいですか?


無症状の重症大動脈弁狭窄症の患者に対して、早期に手術を実施すると、保存的治療と比べ手術死亡、および心血管死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020APR 09
心疾患

心不全には、どの利尿薬がよいですか?


心不全患者にトラセミドを投与すると、フロセミドの投与と比べ総死亡、心臓死、心不全による入院が少ない傾向にあり、機能の改善が多いが、副作用が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 02
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群が疑われる場合、高感度トロポニン測定は受診から1時間後でも大丈夫ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、低閾値の高感度トロポニンを受診時と1時間後に測定するプロトコルを使用すると、高閾値の高感度トロポニンを受診時と3時間後に測定する標準的プロトコルと比べて、30日以内の総死亡、および心筋梗塞はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020MAR 30
その他

外傷性脳損傷にトラネキサム酸は効果がありますか?


受傷3時間以内の外傷性脳損傷の患者にトラネキサム酸を投与しても、プラセボの投与と比べ頭部外傷関連死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2020MAR 09
うつ病

抗うつ薬に深刻な害はありますか?


抗うつ薬を投与すると、プラセボと比べ総死亡や自殺傾向はほぼ同等であるが、小児または思春期の患者では自殺傾向が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 17
その他

救急外来受診や入院後に移行期ケアクリニックによるケアを行うと、死亡や病院受診を減らすことができますか?


救急外来受診、経過観察のための病院滞在、または入院後に離院する患者に移行ケアクリニックによるケアを行うと、通常のケアと比べ90日以内の死亡または病院受診はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020JAN 30
冠動脈疾患

新しい脂質異常症の注射薬で、心臓病や脳卒中は予防できますか?


脂質異常症の患者または心血管疾患の既往がある患者にPCSK9阻害薬(アリロクマブまたはエボロクマブ)を投与すると、プラセボまたは他の脂質低下薬と比べ、心血管死亡はほぼ同等で、総死亡は少ない傾向にあり、心筋梗塞、脳卒中が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 09
その他

鎮静薬(抗精神病薬)は、入院中のせん妄に効果がありますか?


せん妄のリスクがある患者にハロペリドールを投与すると、プラセボと比べ、死亡やせん妄の発症はほぼ同等であるが、第2世代抗精神病薬を投与するとせん妄の発症は少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 05
その他

静脈血栓では、血栓を予防する薬を長期にわたって使用したほうがよいですか?


静脈血栓塞栓症の患者に長期抗凝固療法を行うと、直接経口抗凝固薬では総死亡が少なく、重大出血が多い傾向にあるが、ワルファリンでは総死亡はほぼ同等で、重大出血が多い

さらに詳しく