Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 16
アレルギー

保湿剤や早期の離乳食で新生児のアトピー性皮膚炎は予防できますか?


新生児に保湿剤を使用、あるいは早期に離乳食を開始しても、介入なしと比べ12ヵ月時のアトピー性皮膚炎の発症はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 29
アレルギー

どのような子どもに離乳食を早期に導入すると、食物アレルギーを予防できますか?


完全母乳栄養の3ヵ月児に、早期からアレルギーの可能性がある食物を導入すると、生後6ヵ月頃まで完全母乳栄養を継続した場合と比べ、食物への感作が認められる児では1~3歳時の食物アレルギーが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 18
アレルギー

新生児に保湿剤を毎日塗ることで湿疹は予防できますか?


アトピー性疾患の家族歴がある新生児に、スキンケア指導に加えて1歳になるまで保湿剤を毎日使用しても、スキンケア指導のみと比べ2歳時の湿疹は同等で、皮膚感染症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 04
その他

不眠にレンボレキサントは効果がありますか?


睡眠障害の患者にレンボレキサントを投与すると、プラセボと比べ睡眠潜時が短縮する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 25
その他

ヘルスケアホットスポッティングで医療サービスを多用する人の再入院は予防できますか?


医療サービスを多用する医学的、社会的に複雑な状態の入院患者に対し、退院時にヘルスケアスポッティングを実施しても、通常のケアと比べ180日以内の再入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 02
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群が疑われる場合、高感度トロポニン測定は受診から1時間後でも大丈夫ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、低閾値の高感度トロポニンを受診時と1時間後に測定するプロトコルを使用すると、高閾値の高感度トロポニンを受診時と3時間後に測定する標準的プロトコルと比べて、30日以内の総死亡、および心筋梗塞はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 13
高血圧

高血圧の薬は寝る前に飲んだほうがよいですか?


高血圧患者に降圧薬を就寝前に投与すると、起床時の投与と比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019NOV 04
感染症

子供の虫垂炎の治療方針を決める時に、タブレット端末を利用した意思決定支援ツールは役に立ちますか?


小児の合併症がない虫垂炎患者の治療方針決定時に標準化された医療面接に加えてタブレット端末を利用した意思決定支援ツールを使用しても、標準化された医療面接のみと比べ意思決定直後の自己効力感、保護者の退院時の満足度、1年以内の障害日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019OCT 31
その他

睡眠時無呼吸による眠気を改善する薬はありますか?


過度の眠気がある閉塞性睡眠時無呼吸の患者に、ソルリアムフェトルを投与すると、プラセボと比べ睡眠潜時の延長が大きく、日中の眠気の改善度が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 19
心疾患

心不全で入院した患者の退院時に、移行期ケアは効果がありますか?


心不全で入院した患者の退院時に、セルフケア教育、退院サマリーの作成、1週以内の家庭医によるフォローアップ、高リスク患者に対する看護師訪問と心不全外来受診などの移行期ケアを行っても、通常のケアと比べ、3ヵ月以内の再入院、救急外来受診または死亡は、通常のケアと比較してほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019AUG 05
喘息

喘息が悪化したときは、吸入ステロイドの量を増やしたほうがよいですか?


喘息悪化時に吸入ステロイドの用量を4倍にすると、通常の自己管理と比べステロイドの全身投与または予定のない医療機関受診を要する喘息悪化が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 01
がん

抗がん剤治療を受ける乳がん患者の睡眠障害や倦怠感にチベットヨガは効果がありますか?


化学療法を受けている乳がん患者がチベットヨガを行っても、ストレッチ、通常のケアと比べて睡眠障害と倦怠感はほぼ同等である

さらに詳しく