Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 18
感染症

皮膚の消毒に使うクロルヘキシジンは、アルコール製剤と水溶性製剤のどちらがよいですか?


皮膚の小手術を受ける患者にクロルヘキシジンのアルコール製剤で術前皮膚消毒を行うと、クロルヘキシジンの水溶性製剤と比べ手術部位感染症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 04
感染症

皮膚膿瘍には抗菌薬をのんだほうがよいですか?


皮膚膿瘍への切開排膿後にクリンダマイシンもしくはST合剤を投与したほうが治癒率は高い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016NOV 14
その他

アトピー性皮膚炎にシンバイオティクスは効果がありますか?


アトピー性皮膚炎にシンバイオティクスを使うと重症度が低い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 08
感染症

クロルヘキシジンはポビドンヨードよりもカテーテル感染を予防できますか?


皮膚消毒にクロルヘキシジンを使うと、ポビドンヨードよりもカテーテル関連感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016JUL 04
がん

サプリメントで皮膚がんを予防できますか?


皮膚がんの既往がある患者にニコチン酸アミドを投与すると、皮膚がんの再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2014年発表
CMEC Article
2016JUN 13
感染症

皮膚切開をする小規模な手術は滅菌手袋を使用したほうがよいですか?


皮膚切開を伴う小規模な手術は、滅菌されていない手袋の使用と、滅菌された手袋の使用で、術後の創傷感染の発生はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 28
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?②


ハイリスク新生児にエマルジョン型の保湿剤によるケアを行うと、アトピー性皮膚炎または湿疹が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2016MAR 07
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?①


湿疹ハイリスク新生児にエモリエント療法を行うと、アトピー性皮膚炎発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015OCT 15
サプリメント

アトピー性皮膚炎にビタミンDサプリメントは効果がありますか?


冬期に悪化するアトピー性皮膚炎患者に、スキンケアに加えてビタミンDサプリメントを投与すると、皮膚炎の改善度が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2015OCT 05
感染症

手術の前には抗菌薬を服用したほうがよいのでしょうか?


下肢皮膚病変の切除手術前にセファレキシンを経口投与すると、手術部位での感染症が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2014JUN 02
糖尿病

糖尿病や血行不良による皮膚潰瘍の創傷に、人工皮膚などの最新治療は効きますか?


難治性の糖尿病性皮膚潰瘍、静脈性皮膚潰瘍を有する患者に人工皮膚やケラチノサイト療法など最新の治療を行うと、従来の標準治療に比べて創傷治癒が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2014APR 07
その他

床ずれは、皮膚保護効果のあるクッションで予防できますか?


皮膚保護クッションは、フォームクッションに比べて褥瘡の発症が少ない

さらに詳しく