Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 18
感染症

皮膚の消毒に使うクロルヘキシジンは、アルコール製剤と水溶性製剤のどちらがよいですか?


皮膚の小手術を受ける患者にクロルヘキシジンのアルコール製剤で術前皮膚消毒を行うと、クロルヘキシジンの水溶性製剤と比べ手術部位感染症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 29
高血圧

腎臓病がない心臓病や脳卒中のリスクが高い人は、血圧をできるだけ下げたほうがよいですか?


心血管リスクが高く、慢性腎臓病がない高血圧患者に収縮期血圧140mmHg未満を目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧120mmHg未満を目標とした標準的降圧療法と比べ、心血管イベントは少ないが慢性腎臓病の発症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 12
感染症

50 歳以上の成人に遺伝子組み換えインフルエンザワクチンはこれまでのワクチンよりインフルエンザを予防しますか?


遺伝子組み換えインフルエンザワクチンは不活化ワクチンに比べインフルエンザの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017AUG 28
その他

川崎病にステロイドは効果がありますか?


川崎病にステロイドを投与すると冠動脈病変の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2017AUG 10
感染症

吸入薬でインフルエンザの家族内発症は予防できますか?


同居家族内にインフルエンザ患者がいる小児にラニナミビルを1回吸入すると、プラセボに比べてインフルエンザ発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017APR 24
感染症

デング熱発症は積極的に感染制御対策を行うと予防できますか?


媒介蚊の繁殖を抑えるための対策を講じると、デング熱の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 06
認知症

動脈硬化予防の生活指導や治療で認知症は予防できますか?


高齢者に看護師による心血管リスクの評価、生活指導、薬物療法からなる介入を実施しても、通常のケアと比較して認知症の発症は同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 23
感染症

医療従事者の気道感染症予防には、N95マスクを使ったほうがよいのでしょうか?


医療従事者がN95マスクを使用しても、サージカルマスクの使用と比較して気道感染症の発症は同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 16
脳卒中

抗凝固薬の自己測定や自己管理は、血栓塞栓性予防に効果がありますか?


抗凝固薬の自己測定や自己管理を行うと、血栓塞栓性イベントの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 02
感染症

小児の急性中耳炎予防にキシリトールは効果がありますか?


12歳以下の小児がキシリトールを摂取すると、急性中耳炎の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JAN 05
脂質異常症

心臓病がない人でも、コレステロールを下げたほうが心臓病を予防できますか?


心血管イベント既往のない人で、ロスバスタチンでコレステロールを下げると、心血管イベントの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016DEC 08
脳卒中

脳梗塞の発症直後はどんな治療が有効ですか?


急性期脳梗塞患者に血栓溶解療法に加えステント型血栓回収デバイスを使用すると、血栓溶解療法のみと比較して90日後の生活機能の自立が多い

さらに詳しく