Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 09
がん

家族に胃癌の人がいるピロリ菌に感染した人は、ピロリ菌の除菌で胃癌の発症は予防できますか?


第一度近親者に胃癌の家族歴があり、Helicobacter pylori菌に感染した患者にHelicobacter pylori菌の除菌治療を行うと、プラセボと比べ胃癌の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 30
冠動脈疾患

心筋梗塞後の患者にコルヒチンを投与すると、心臓病や脳卒中は予防できますか?


発症30日以内の心筋梗塞の患者にコルヒチンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 23
COPD

COPDの患者さんにビタミンDを投与したほうがよいですか?


COPD患者にビタミンDを投与しても急性増悪の発症は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 09
その他

鎮静薬(抗精神病薬)は、入院中のせん妄に効果がありますか?


せん妄のリスクがある患者にハロペリドールを投与すると、プラセボと比べ、死亡やせん妄の発症はほぼ同等であるが、第2世代抗精神病薬を投与するとせん妄の発症は少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019OCT 21
糖尿病

すでに心血管病のある2型糖尿病の人は血糖コントロールを厳しくしたほうがよいですか?


心血管病のある2型糖尿病患者に厳格な血糖コントロールをしても、標準血糖コントロールと比較して心血管イベントの発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019OCT 14
高血圧

血圧をしっかり下げたほうが認知症になりにくいですか?


糖尿病の病歴および脳卒中の既往のない高血圧患者に対して、収縮期血圧で120mmHg未満を目指す厳格な血圧コントロールを行うと、収縮期血圧で140mmHg未満を目指す標準的な血圧コントロールと比べて、認知症疑いの発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019OCT 03
その他

せん妄の治療や予防にはどの薬がよいですか?


せん妄患者にハロペリドールとロラゼパムの併用、もしくはハロペリドールを投与するとプラセボまたは対照群と比べ治療への反応が多く、せん妄のリスクがある患者にラメルテオン、オランザピン、リスペリドンまたはデクスメトミジンを投与するとせん妄の発症が少ないが、ミダゾラムを投与するとせん妄の発症が多い

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 01
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血発作では、血栓を予防する薬を2種類服用したほうがよいですか?


急性期の微小脳梗塞または高リスクの一過性脳虚血発作の患者に発症24時間以内にクロピドグレルとアスピリンの投与を開始すると、アスピリンのみと比べ非致死的脳卒中再発が少ないが、中等症または重症頭蓋外出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUL 25
脳卒中

脳卒中患者には、酸素を投与したほうがよいですか?


急性脳卒中発症48時間以内に酸素を投与しても、投与しない場合と比較して3ヵ月の障害の程度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 06
その他

膝や股関節の手術後に服用する、血液を固まりにくくする薬は途中で変更したほうがよいですか?


膝または股関節全置換術を受ける患者に血栓症予防目的で手術当日から5日間リバーロキサバンを投与し、その後アスピリンに変更すると、リバーロキサバンを継続する場合と比較して静脈血栓塞栓症の発症や出血は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 30
感染症

胆のう炎は、胆のうを摘出してしまったほうがよいですか?


APACHE II により高リスクと判断された急性結石性胆嚢炎患者に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施すと、経皮的カテーテル胆嚢ドレナージを施す場合と比較して、1年以内の死亡は少ない傾向にあり、主要合併症の発症は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019FEB 28
うつ病

ホルモン補充療法で更年期のうつ症状は予防できますか?


うつ症状のない更年期女性に経皮エストラジオールと間欠的なプロゲステロンの投与を行うと、プラセボと比べ、うつ症状の発症が少ない

さらに詳しく