Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUL 19
脳卒中

抗血小板薬を3剤併用したほうが脳卒中の再発は予防できますか?


急性期の脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリン、クロピドグレル、ジピリダモールによる抗血小板薬3剤併用療法を行うと、クロピドグレルのみ、またはアスピリンとジピリダモールによるガイドラインに準拠した抗血小板療法と比べ90日後の脳卒中またはTIAは同等で、出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAR 05
痛み

痛風発作にはステロイドと消炎鎮痛薬(NSAID)のどちらがよいですか?


急性痛風患者にステロイドを投与すると、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)と比べて痛みは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017MAY 29
喘息

小児喘息の発作には、長時間作用型ステロイドの1回投与でいいですか?


救急診療部を受診した小児喘息急性増悪患者に、長時間作用型のステロイド1回投与でも、短時間作用型のステロイド3日投与に比べて、症状の重症度はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2016NOV 03
その他

飲み薬でメニエール病のめまい発作は減りますか?


メニエール病患者にベタヒスチンを投与しても、めまい発作の発症はプラセボと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016FEB 29
喘息

妊娠中の喘息には、呼気中一酸化窒素を測定したほうがよいですか?


妊娠中の喘息患者に、呼気中一酸化窒素濃度に基づいた治療を行うと、喘息発作が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015JUL 30
喘息

小児の喘息発作時の標準治療に吸入ステロイドを追加すると効果がありますか?


喘息発作時の標準治療に吸入ステロイドを追加しても、2時間後の喘息スコアは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013NOV 18
痛み

急性痛風発作が起きたら、すぐに薬で尿酸値を下げてもよいですか?


急性痛風発作の患者に、すぐにアロプリノールを投与しても、遅れて投与した場合に比べて、投与してから10日間の疼痛及び30日以内の痛風発作は同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2013OCT 24
喘息

IgE抗体に結合してその働きを妨げる新しい薬で喘息はよくなりますか?


アレルギー性喘息患者に対して、ステロイドに加えオマリズマブを投与すると、喘息発作が少なく、ステロイド使用量が少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013JAN 17
脳卒中

抗血小板薬を2剤併用したほうが脳卒中の再発は防げますか?


急性の非心原性脳梗塞・一過性脳虚血発作に抗血小板薬を2剤投与すると、単剤投与よりも脳卒中の再発が少ないが、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2012NOV 15
心疾患

カテーテルを使って治療すると、発作性心房細動の再発は防げますか?


抗不整脈薬に反応しない発作性心房細動の患者にカテーテルアブレーションを行うと、抗不整脈薬による治療と比較して治療の失敗が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2011DEC 22
喘息

気管支喘息の発作時に吸入ステロイド薬を使うと、大きな発作は予防できますか?


吸入ステロイドを気管支喘息の発作時に使っても、通常時に使っても、大きな発作の予防効果は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2011OCT 20
喘息

喘息発作時の副腎皮質ホルモン治療は、種類によって効果が違うのでしょうか?


2日間のデキサメサゾンは、5日間のプレドニゾンと同等である

さらに詳しく