Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 28
その他

自宅で病院レベルのケアを受けると、入院するよりも費用は低くなりますか?


急性疾患の患者に自宅で病院レベルのケアを実施すると、入院と比べ急性期ケアの費用が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 17
その他

救急外来受診や入院後に移行期ケアクリニックによるケアを行うと、死亡や病院受診を減らすことができますか?


救急外来受診、経過観察のための病院滞在、または入院後に離院する患者に移行ケアクリニックによるケアを行うと、通常のケアと比べ90日以内の死亡または病院受診はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 19
その他

入院中の患者の目標栄養摂取量は個別に設定したほうがよいですか?


栄養不良のリスクのある入院患者にタンパク質とカロリーの目標摂取量を患者個別に設定すると、標準的な病院食摂取と比べ30日以内の有害事象が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 12
サプリメント

心不全患者はビタミンDを摂取すると長生きできますか?


心不全患者にビタミンDを投与すると、プラセボと比べ総死亡は同等であるが、補助人工心臓の植込みが多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 17
喘息

妊娠中にEPA/DHAのサプリメントを摂取すると生まれる子の喘息を予防できますか?


妊娠中にn-3系長鎖多価不飽和脂肪酸を摂取すると生まれた子の喘息が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 02
感染症

小児の急性中耳炎予防にキシリトールは効果がありますか?


12歳以下の小児がキシリトールを摂取すると、急性中耳炎の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2016FEB 22
感染症

プロバイオティクスの摂取でかぜは予防できますか?


プロバイオティクスを摂取すると上気道感染症の発症は少ないが、罹病期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析2004年発表
2016JAN 18
サプリメント

サプリメントで消化管がんの発症は予防できますか?


βカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、セレンを含む抗酸化サプリメントを摂取すると、消化管がんの発症はほぼ同等であるが、総死亡は多い

さらに詳しく
メタ分析 2011年発表
2015NOV 16
高血圧

減塩食にすると心臓病にならずに長生きできますか?


食事の塩分を減らすよう努力しても、総死亡や心血管疾患罹患は同等で、心不全の患者では死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2015AUG 27
その他

食事や合成着色料は、ADHDに影響しますか?


注意欠陥多動性症状は食事制限で改善するが、合成着色料の摂取で悪化する

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
2015AUG 03
脂質異常症

ω-3脂肪酸サプリメントを摂取すると、がんの発生を予防できるのでしょうか?


ω-3脂肪酸サプリメントを摂取すると、総死亡は同等であるが、がんの発生が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
2015JUN 22
サプリメント

妊娠中には、ビタミンAまたはβカロテンのサプリメントを摂取したほうがよいですか?


妊娠中にビタミンAまたはβカロテンを投与すると、妊娠に関連した死亡は多い傾向にある

さらに詳しく