Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2017NOV 13
その他

潜在性甲状腺機能低下症では甲状腺ホルモンを補充したほうがよいですか?


潜在性甲状腺機能低下症の高齢者にレボチロキシンを投与すると、プラセボと比べて甲状腺機能低下症の症状は同等で、総死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2015DEC 03
がん

治療抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブは効きますか?


ヨウ素放射線治療に抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2012年発表
CMEC Article
2015MAY 21
その他

閉経後の女性はホルモン補充療法を受けたほうがよいですか?


閉経後の女性にホルモン補充療法を行うと、総死亡と心筋梗塞・心不全による入院は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015APR 27
その他

グレーヴズ病(甲状腺機能亢進症、バセドウ病)で、眼の症状に効果がある薬はありますか?


軽症のグレーヴズ眼窩症に抗酸化薬であるセレニウムを投与すると、症状が良くなりQOLが高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUL 10
副作用

ホルモン療法で、冠動脈疾患や浸潤性乳がんは増えますか?


閉経後女性へのホルモン療法で、浸潤性乳がんは多く、冠動脈疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2013OCT 31
骨粗しょう症

新しいタイプの女性ホルモン薬は、骨粗鬆症による骨折を予防できますか?


骨粗鬆症の閉経後女性にラソフォキシフェンを投与すると、骨折や乳がんは少なく、死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2012SEP 20
副作用

更年期のホルモン補充療法を受けると、様々な病気が予防できるでしょうか?


更年期の女性へのホルモン補充療法では骨折は少ないが、浸潤性乳がん、脳卒中、深部静脈血栓や肺塞栓、認知症、胆道疾患、尿失禁は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2012AUG 02
その他

ホルモン補充療法を中断しても、心疾患や乳がんのリスクは変わりませんか?


子宮を摘出した閉経後の女性に結合型エストロゲンを一度投与し、その後中断しても心疾患の頻度は同等で、乳がんの頻度は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2011OCT 20
喘息

喘息発作時の副腎皮質ホルモン治療は、種類によって効果が違うのでしょうか?


2日間のデキサメサゾンは、5日間のプレドニゾンと同等である

さらに詳しく