Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 17
がん

転移のある肺がんに、免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


転移性非小細胞肺がん患者にペメトレキセドとプラチナ製剤による化学療法に加えてペムブロリズマブを投与すると、プラセボの投与と比べ生存期間および無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018NOV 29
その他

子供の便秘にはどんな薬がよいですか?


機能性便秘症の子供にポリエチレングリコールを投与すると、プラセボもしくは他の下剤と比較して週あたりの排便回数が多く、また高用量のほうが低用量と比べて排便回数は多い

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018NOV 22
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で、血圧を145/80mmHg未満に厳格にコントロールすると脳卒中の発症は少なく、死亡と心疾患の発症は少ない傾向にあり、転倒や認知機能低下との関連はないが、低血圧や意識消失発作およびより多くの治療薬を使用する傾向がある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018NOV 19
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で治療開始時の収縮期血圧が160mmHg未満の場合、血圧を150/90mmHg未満に厳格にコントロールすると死亡、心疾患の発症は少なく、脳卒中の発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018NOV 15
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で治療開始時の収縮期血圧が160mmHg以上の場合、血圧を150/90mmHg未満に厳格にコントロールすると死亡、脳卒中、心疾患の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018NOV 08
がん

がん患者の静脈血栓塞栓症に、新しい血液を固まりにくくする薬を使うとどうなりますか?


静脈血栓塞栓症のあるがん患者にエドキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発、重大出血は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬、カナグリフロジンで、心不全は予防できますか?


心血管リスクの高い2型糖尿病患者にカナグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018OCT 15
痛み

急性の痛みに対する治療は、自己調節鎮痛法の方がよいですか?


急性疼痛の患者に自己調節鎮痛法によるモルヒネ静脈注射を実施すると、医師の指示によるオピオイド注射を行う通常のケアと比べ痛みの減少が大きいが、臨床的に意味のある差はなく、有害事象が多い

さらに詳しく
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2018OCT 04
喘息

喘息の治療中に症状が悪化したら、ステロイドの吸入薬の量を順次増やしたほうがよいのでしょうか?


症状の増悪した小児および成人慢性喘息患者にステロイド吸入薬を漸増投与すると、定用量投与と比べて治療失敗によるステロイド薬の経口投与の割合は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018SEP 24
がん

進行した腎がんに免疫チェックポイント阻害薬は従来の抗がん剤より効果がありますか?


抗血管新生療法の治療歴がある進行腎細胞がん患者にニボルマブを投与すると、エベロリムスの投与と比べ生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 03
心疾患

心房細動がある人では、心臓のステント治療後の血栓をできにくくする薬は2種類でもよいですか?


経皮的冠動脈形成術後の心房細動患者に、ダビガトラン、クロピドグレルまたはチカグレロルを投与すると、ワーファリン、アスピリン、クロピドグレルまたはチカグレロルの投与比べて出血が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2018AUG 23
がん

進行した肺がんに免疫チェックポイント阻害薬は通常の抗がん剤治療より効果がありますか?


化学療法後に進行した非扁平上皮非小細胞肺がん患者にニボルマブを投与すると、ドセタキセルの投与と比べ生存期間が長いが、がんが進行する者の割合が多い

さらに詳しく