Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020MAY 11
その他

消化不良にはどんな治療方針がよいですか?


未精査の消化不良の患者にピロリ菌検査と陽性患者の除菌、あるいはすみやかな内視鏡検査を行うと、症状に基づいた治療と比べ症状残存は同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 19
その他

入院中の患者の目標栄養摂取量は個別に設定したほうがよいですか?


栄養不良のリスクのある入院患者にタンパク質とカロリーの目標摂取量を患者個別に設定すると、標準的な病院食摂取と比べ30日以内の有害事象が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAY 21
その他

胃酸の分泌を抑える新しい薬、ボノプラザンは、アスピリン潰瘍の再発予防に効果がありますか?


消化性潰瘍の既往があり、低用量アスピリンの投与が必要な患者にボノプラザンを投与すると、ランソプラゾールの投与と比べ消化性潰瘍の再発が少ない傾向にあるが、胃がん食道がんが多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
2017FEB 06
副作用

アスピリンに重篤な副作用はありますか?


アスピリンを投与すると、重篤な消化管出血、頭蓋外出血が多く、脳出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016DEC 26
その他

出血性潰瘍患者の内視鏡治療後における薬剤投与は、間欠的でも問題ないでしょうか?


出血リスクの高い消化性潰瘍患者における内視鏡治療後の再出血は、プロトンポンプ阻害薬を間欠的に投与しても、継続投与と同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2016JUL 11
感染症

ピロリ菌の除菌は機能性ディスペプシアに効果がありますか?


機能性ディスペプシアを有するピロリ菌感染患者に、ピロリ菌除菌療法を行うと、消化器症状が改善する患者の割合が多い

さらに詳しく
メタ分析2004年発表
2016JAN 18
サプリメント

サプリメントで消化管がんの発症は予防できますか?


βカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、セレンを含む抗酸化サプリメントを摂取すると、消化管がんの発症はほぼ同等であるが、総死亡は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2015DEC 24
その他

栄養を強化することで、褥瘡は早く治りますか?


栄養不良の褥瘡患者に、アルギニン、亜鉛、抗酸化物質を強化した栄養剤を投与すると、褥瘡面積低下割合が大きい

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014NOV 20
心疾患

血液を固まりにくくする新しい薬は、これまでのワルファリンより効きますか?


心房細動患者に対して、新しい抗凝固薬(ダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバン、エドキサバン)を投与すると、ワルファリンに比べて、脳卒中あるいは全身性塞栓症、大出血は少ないが、消化管出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014SEP 25
喘息

コントロール不良の喘息にオマリズマブは効果がありますか?


コントロール不良の気管支喘息患者にオマリズマブを投与すると、喘息悪化が少ない

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2014JUN 02
糖尿病

糖尿病や血行不良による皮膚潰瘍の創傷に、人工皮膚などの最新治療は効きますか?


難治性の糖尿病性皮膚潰瘍、静脈性皮膚潰瘍を有する患者に人工皮膚やケラチノサイト療法など最新の治療を行うと、従来の標準治療に比べて創傷治癒が多い傾向にある

さらに詳しく