Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019FEB 18
COPD

進行した慢性閉塞症肺疾患(COPD)では、3種類の薬が入った吸入薬のほうがよいですか?


進行したCOPD患者にベクロメタゾンプロピオン酸エステル・ホルモテロールフマル酸塩・グリコピロニウム吸入薬を投与すると、インダカテロール・グリコピロニウム吸入薬と比べ中等症から重症の増悪が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019FEB 11
感染症

外来で治療する感染症では、抗菌薬の治療期間は短くてもよいですか?


外来で治療を受ける細菌感染症の患者に短期間の抗菌薬の投与を行うと、標準的治療期間の抗菌薬の投与と比べ臨床的軽快は同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2019FEB 04
その他

早産児の死亡と気管支肺異形成症を予防するには、どのような呼吸管理方法がよいですか?


在胎週数が33週未満の早産児に生後24時間以内に低侵襲性的界面活性剤投与(LISA)を実施すると、ほかの呼吸管理法と比較して死亡および気管支肺異形成症が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 21
感染症

かぜの咳には、どんな治療がよいですか?


かぜによる急性咳嗽の成人に非ステロイド性消炎鎮痛薬を投与してもプラセボと比べ咳の持続期間は同等である。小児では去痰薬を投与するとプラセボと比べ6~7日後の咳が少ない傾向にあり、咳の頻度と重症度は、ハチミツを投与すると治療なしと比べ小さく、デキストロメトルファンと比べ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 07
感染症

肺炎の入院患者にステロイドは効果がありますか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボと比べ総死亡が少ない傾向にあるが、高血糖と肺炎関連の再入院が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018DEC 27
予防接種

予防接種の前に水を飲むと、予防接種後のめまいやふらつきは予防できますか?


予防接種前に飲水を推奨しても、通常のケアと比べ接種後の失神の前兆は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 17
がん

転移のある肺がんに、免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


転移性非小細胞肺がん患者にペメトレキセドとプラチナ製剤による化学療法に加えてペムブロリズマブを投与すると、プラセボの投与と比べ生存期間および無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 13
感染症

乳児の重症細気管支炎に鼻カニューレ高流量酸素療法は効果がありますか?


酸素補給療法を必要とする細気管支炎の乳児に、鼻カニューレ高流量酸素療法を行うと、標準酸素療法と比べ、治療失敗による治療の段階的増強が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018DEC 03
骨粗しょう症

カルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますかカルシウムやビタミンDで、骨粗しょう症の骨折は予防できますか?


50歳以上の地域住民にカルシウムまたはビタミンDを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べ大腿骨頸部骨折が多い傾向にあり、カルシウムとビタミンDを投与すると、同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018NOV 29
その他

子供の便秘にはどんな薬がよいですか?


機能性便秘症の子供にポリエチレングリコールを投与すると、プラセボもしくは他の下剤と比較して週あたりの排便回数が多く、また高用量のほうが低用量と比べて排便回数は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2018NOV 08
がん

がん患者の静脈血栓塞栓症に、新しい血液を固まりにくくする薬を使うとどうなりますか?


静脈血栓塞栓症のあるがん患者にエドキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発、重大出血は同等である

さらに詳しく