Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019AUG 29
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化には、2種類の気管支を拡げる薬を使ったほうがよいですか?


非侵襲的換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪に、テルブタリンに加えて臭化イプラトロピウムを吸入しても、テルブタリン吸入のみと比べ24時間以内の入院、気管内挿管は同等であり、24時間以内のICU入院が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 29
喘息

2種類の吸入薬で安定している喘息患者の治療薬を減らす場合、どんな方法がよいですか?


ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の吸入で症状が安定している喘息患者では、長時間作用型気管支拡張薬を中止しても、ステロイドの量を減量しても、治療の失敗はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2019FEB 04
その他

早産児の死亡と気管支肺異形成症を予防するには、どのような呼吸管理方法がよいですか?


在胎週数が33週未満の早産児に生後24時間以内に低侵襲性的界面活性剤投与(LISA)を実施すると、ほかの呼吸管理法と比較して死亡および気管支肺異形成症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 13
感染症

乳児の重症細気管支炎に鼻カニューレ高流量酸素療法は効果がありますか?


酸素補給療法を必要とする細気管支炎の乳児に、鼻カニューレ高流量酸素療法を行うと、標準酸素療法と比べ、治療失敗による治療の段階的増強が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JAN 11
感染症

急性細気管支炎では高張食塩水吸入をしたほうがよいですか?


中等度から重症の急性細気管支炎に対して高張食塩水の吸入をしても、生食吸入と入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016SEP 26
感染症

重い気管支炎を繰り返す幼児の発病早期に抗生物質の投与で、悪化を予防できますか?


重症の下気道疾患を反復する幼児が発症早期にアジスロマイシンをのむと、重症化が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 01
感染症

小児の細気管支炎に高濃度の食塩水の吸入は効果がありますか?


急性細気管支炎の小児に高張食塩水吸入を行うと、入院期間が短く、入院率が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 11
感染症

乳幼児の細気管支炎に高張食塩水の吸入は効果がありますか?


ウイルス性細気管支炎で救急診療部を受診した乳幼児に、高張食塩水の吸入を行うと、生理食塩水の吸入に比べて、入院は少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
2015JUL 20
感染症

急性気管支炎の咳に抗菌薬は効果がありますか?


肺の基礎疾患がない急性の気管支炎や急性の湿性咳嗽に抗菌薬を投与すると、咳を有する人の割合は少なく、咳の消失も早いが副作用が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2015JUN 04
感染症

小児細気管支炎に高張食塩水の吸入で、呼吸器症状は改善しますか?


2歳以下の小児細気管支炎患者に高張食塩水の吸入を行っても、生理食塩水の吸入と比べて、呼吸器症状の改善は少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015APR 30
感染症

乳幼児の細気管支炎にアドレナリンは効果がありますか?


2歳未満の乳幼児の急性細気管支炎にアドレナリンをネブライザー吸入すると、受診から1日以内の入院が少ない

さらに詳しく