Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018DEC 24
冠動脈疾患

心臓の血管の病気の疑いがある人は、CT検査よりも造影検査を受けたほうがよいですか?


冠動脈疾患の疑いのある非定型狭心症もしくは胸部痛のある患者がCT検査を受けると、冠動脈造影検査を受ける場合と比ベて検査後合併症の発症は同等であり、その後の心血管イベントの発症も同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 06
脳卒中

脳梗塞の血管内治療は発症後6時間以降でも効果がありますか?


発症後6~16時間の画像検査で回復可能な脳虚血組織がある近位中大脳動脈または内頸動脈閉塞による脳梗塞の患者に血管内治療(血栓除去)を行うと、90日後の機能障害が小さいが、血腫形成が多い傾向にある。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
CMEC Article
2018AUG 02
感染症

医療従事者のインフルエンザ予防には、N95マスクではなく、サージカルマスクでもよいですか?


医療従事者がインフルエンザ流行期にサージカルマスクを使用すると、N95マスクの使用と比べ検査で確認されたインフルエンザは同等であるが、インフルエンザ様疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018APR 23
痛み

肩の痛みに関節鏡手術は効果がありますか?


肩の痛みがある患者に、関節鏡視下肩峰下除圧術を行うと、肩の痛みと機能は、関節鏡検査のみと同等であり、また治療なしと比べても臨床的に意味のある差はない

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAR 26
感染症

気道感染で、プロカルシトニンという血液検査で抗菌薬の開始や中止を決めると、死亡や治療の失敗は少なくなりますか?


成人の気道感染患者でプロカルシトニン値に基づいて抗菌薬の開始や中止を行うと、通常のケアと比べて総死亡が少なく、治療の失敗は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 15
心疾患

非ST上昇型急性冠症候群ではすぐに心臓カテーテル検査をしたほうがよいですか?


非ST上昇型急性冠症候群患者に対して、早期侵襲治療を行うと、待期的侵襲治療と比べ総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JAN 16
その他

アルツハイマー病の遺伝子検査では他の病気との関連も説明してよいでしょうか?


アルツハイマー病の遺伝子検査を受けた成人に冠動脈疾患との関連を説明しても、不安や抑うつは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016NOV 07
がん検診

卵巣がん検診で、卵巣がんによる死亡は減りますか?


血清CA125、経膣超音波検査による卵巣がん検診を実施しても、卵巣がんによる死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JUN 30
痛み

五十肩(癒着性関節包炎)は、ステロイド注射をしたほうがよいですか?


五十肩(癒着性関節包炎)の患者に、超音波検査ガイド下でステロイド注射をすると、見せかけの注射をするのと比べて肩の痛みは少ないが、関節内のみの注射と腱板と関節内の組み合わせでは同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016FEB 08
感染症

急性呼吸器感染症への抗菌薬の使用は、検査結果に基づいたほうがよいですか?


急性呼吸器感染症に対してCRPに基づく抗菌薬使用は、通常ケアに比べて、症状改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2014年発表
CMEC Article
2015JUN 29
その他

腎石症の画像検査は、超音波検査とCTのどちらがよいですか?


腎石症の疑いのある患者に超音波検査を行うと、CTを行うのに比べて、高リスク合併症診断の発生は同等であるが、放射線被曝量は低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
2014NOV 03
がん検診

便潜血検査による大腸がん検診を受けたほうがよいですか?


便潜血検査による大腸がん検診を受けると、受けない場合に比べて大腸がんによる死亡は少ないが、総死亡は同等である

さらに詳しく