Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JAN 18
骨粗しょう症

月1回の新しい骨粗鬆症の注射薬は週1回の内服薬よりも骨折予防に効果がありますか?


脆弱性骨折の既往がある骨粗鬆症の閉経後女性にロモソズマブを投与すると、アレンドロン酸の投与と比べ新規椎体骨折と臨床的骨折(非椎体骨折、症候性椎体骨折)が少ないが、心血管イベントは多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 11
糖尿病

週1回の糖尿病注射(GLP-1受容体作動薬)で心臓病や脳卒中を予防できますか?


2型糖尿病患者にエクセナチドを投与してもプラセボと比べ、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2017OCT 26
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT-2阻害薬)で心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管疾患のリスクが高い2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬を投与すると、心血管イベントは少ないが、足の切断と骨折が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 21
骨粗しょう症

骨粗しょう症の男性にはどの薬がよいですか?


骨粗しょう症の男性に対してスホスホネート製剤を投与すると、椎体骨折・非椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 03
骨粗しょう症

骨の形成を促進する抗体は、閉経後の女性の骨粗しょう症に効果はありますか?


骨粗鬆症の閉経後女性にロモソズマブを投与すると、新規の椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 26
骨粗しょう症

骨折の痛みに、椎体形成術は効果がありますか?


骨粗鬆症性骨折に椎体形成術を行うと急性疼痛が改善する人の割合が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 10
骨粗しょう症

骨粗しょう症の注射薬で腰の圧迫骨折は予防できますか?


骨粗しょう症のある閉経後女性にアバロプラチドを投与すると、プラセボと比較して新規椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2000年発表
CMEC Article
2017MAR 09
高血圧

新しい降圧薬は従来の降圧薬より寿命を延ばすことができますか?


心不全患者に対して、アンジオテンシン受容体拮抗薬を投与しても、ACE阻害薬に比べて、総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2016DEC 15
その他

手術後は積極的に輸血をしたほうがよいでしょうか?


大腿骨頚部骨折手術後に積極的な輸血を行っても、限定的な輸血と比較して60日後の死亡、歩行能力は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016APR 25
糖尿病

糖尿病で血圧と血糖を厳しくコントロールすると、眼や腎臓の合併症は予防できますか?


2型糖尿病患者で血圧と血糖を厳しくコントロールしても、腎不全の発症、網膜光凝固または硝子体手術の実施は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015SEP 14
心疾患

新しい心不全の薬アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬は効果がありますか?


心不全患者にアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬を投与すると、エナラプリルよりも心血管死亡または心不全による入院が少ない

さらに詳しく