Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020MAY 11
その他

消化不良にはどんな治療方針がよいですか?


未精査の消化不良の患者にピロリ菌検査と陽性患者の除菌、あるいはすみやかな内視鏡検査を行うと、症状に基づいた治療と比べ症状残存は同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 19
その他

入院中の患者の目標栄養摂取量は個別に設定したほうがよいですか?


栄養不良のリスクのある入院患者にタンパク質とカロリーの目標摂取量を患者個別に設定すると、標準的な病院食摂取と比べ30日以内の有害事象が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017AUG 24
うつ病

うつ病に栄養指導は効果がありますか?


うつ病患者に栄養指導をすると、うつ病症状の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2015DEC 24
その他

栄養を強化することで、褥瘡は早く治りますか?


栄養不良の褥瘡患者に、アルギニン、亜鉛、抗酸化物質を強化した栄養剤を投与すると、褥瘡面積低下割合が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015NOV 12
その他

集中治療が必要な重症患者に、不十分な経腸栄養を補うための静脈栄養は、早期に開始したほうがよいのですか?


ICUに入室している重症患者に、不十分な経腸栄養を補う目的で48時間以内に静脈栄養を開始すると、8日以降に開始した場合に比べ、ICU入室が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014SEP 25
喘息

コントロール不良の喘息にオマリズマブは効果がありますか?


コントロール不良の気管支喘息患者にオマリズマブを投与すると、喘息悪化が少ない

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2014JUN 02
糖尿病

糖尿病や血行不良による皮膚潰瘍の創傷に、人工皮膚などの最新治療は効きますか?


難治性の糖尿病性皮膚潰瘍、静脈性皮膚潰瘍を有する患者に人工皮膚やケラチノサイト療法など最新の治療を行うと、従来の標準治療に比べて創傷治癒が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014MAR 27
その他

中心静脈栄養にグルタミン、セレンは入れたほうがよいですか?


セレン追加で新たな感染や死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2013JUN 20
その他

栄養障害の乳幼児へ抗菌薬を投与したほうがよいですか?


重度急性栄養障害の乳幼児に対し抗菌薬を投与すると、プラセボに比べて栄養状態回復が多く、死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2012DEC 27
その他

急性膵炎患者に対する栄養補給は、どのような方法が適切ですか?


急性膵炎患者において経腸栄養は高カロリー輸液と比べて、死亡、手術的介入が少なく、入院期間は短い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2011DEC 08
喘息

吸入ステロイドで喘息のコントロールが良くないとき、どんな治療を追加すればよいですか?


フルチカゾン吸入薬でコントロール不良な小児の喘息に対して、サルメテロール吸入薬を追加すると、フルチカゾン吸入薬の増量やモンテルカストを追加する場合よりも喘息コントロール指標は改善する

さらに詳しく