Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 22
感染症

敗血症性ショックにステロイドは効果がありますか?


敗血症性ショックの患者にヒドロコルチゾンとフルドロコルチゾンを投与すると、プラセボの投与と比べ90日後の総死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016NOV 10
感染症

敗血症にステロイドは効果がありますか?


敗血症患者にステロイドを全身投与すると、標準治療やプラセボに比べて28日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016AUG 04
その他

敗血症のショックに、早期目標指向型治療は効果がありますか?


敗血症性ショックに早期目標指向型治療(6時間蘇生プロトコール)をしても、通常の治療と比べて、90日以内の総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015OCT 12
その他

敗血症にはアルブミンを輸液したほうがよいでしょうか?


救命救急部や集中治療室で治療中の敗血症患者にアルブミンの投与を行うと、晶質液や膠質液の投与に比べて総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2014年発表
CMEC Article
2015SEP 10
感染症

敗血症性ショックに早期目標指向型治療は有効ですか?


早期目標指向型治療を行っても、総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015AUG 24
感染症

呼吸器感染症や敗血症では、抗菌薬をどのように使用すべきでしょうか?


呼吸器感染症や敗血症の患者に、血中プロカルシトニン濃度に基づいた抗菌薬の使用を行うと、死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015JUL 02
感染症

敗血症の状態を予測するプロカルシトニンの値を指標とすることで、集中治療室での死亡が減りますか?


集中治療室に入室した重症患者に、プロカルシトニン値を指標とした治療を行っても、標準的治療に比べて、死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2014MAY 15
感染症

敗血症の患者に、アルブミン製剤は効果がありますか?


敗血症の患者にアルブミン製剤を投与すると、死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2012年発表
CMEC Article
2013FEB 07
その他

敗血症には2種類の抗菌薬を併用したほうがよいのでしょうか?


重症敗血症患者にモキシフロキサシンを併用投与しても、メロペネムのみの投与と比較して臓器不全の程度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2012NOV 29
その他

重症敗血症に対する輸液蘇生には何を用いればよいでしょうか?


重症敗血症患者においてHES(ヒドロキシエチルデンプン製剤)130/0.4による輸液は、酢酸リンゲル液と比べて死亡が多く、腎代替療法を受ける割合が高い

さらに詳しく
メタ分析2009年発表
CMEC Article
2011JUN 02
感染症

敗血症にステロイドは効くでしょうか?


重症敗血症や敗血症性ショックにコルチコステロイドを投与すると、プラセボと比べて死亡率が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2007年発表
CMEC Article
2011MAY 19
感染症

敗血症などの重症患者に、血液が固まりにくくする薬は効果があるのでしょうか?


重症患者にアンチトロビンIIIを投与しても死亡率は同等だが出血が多い

さらに詳しく