Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 08
糖尿病

糖尿病患者の足の潰瘍に抗菌作用があるドレッシング剤や塗り薬は効果がありますか?


糖尿病足潰瘍の患者に抗菌作用があるドレッシング剤を使用すると、抗菌作用がないドレッシング剤の使用と比べて潰瘍の治癒が多く、抗菌薬の外用では多い傾向にある。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 25
喘息

喘息患者には抗菌薬を追加したほうがよいですか?


症状が持続する喘息患者にアジスロマイシンを追加すると、急性増悪が少なく、生活の質が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 07
感染症

インフルエンザの入院患者には抗菌薬と解熱鎮痛薬を追加したほうがよいですか?


インフルエンザの入院患者に、オセルタミビルに加え、クラリスロマイシンとナプロキサンを追加すると死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017OCT 05
感染症

抗菌薬は整腸剤と併せて飲んだほうがよいでしょうか?


抗菌薬を使用する成人の入院患者にプロバイオティクスを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べてクロストリジウム・ディフィシル感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 14
感染症

抗菌薬と同時に乳酸菌製剤を内服すると、下痢症状が減りますか?


乳酸菌 LP299Vと、プラセボにおける泥状便/水様便の発生は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 07
COPD

慢性閉塞性肺疾患には、どんな吸入薬がよいでしょうか?


慢性閉塞性肺疾患に長時間作用型抗コリン薬・長時間作用型β刺激薬を投与すると、長時間作用型β刺激薬・ステロイドの投与に比べて急性増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2017JUL 19
感染症

憩室炎に抗菌薬は効果がありますか?


憩室炎に対して抗菌薬を使っても、経過観察と比べて、回復までの期間は同等である 

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 22
感染症

肺炎で入院時に抗菌薬の治療期間を短くできますか?


市中肺炎で入院時に、病状の安定性の基準により抗菌薬の治療期間を短くしても、改善の程度は同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017MAY 29
喘息

小児喘息の発作には、長時間作用型ステロイドの1回投与でいいですか?


救急診療部を受診した小児喘息急性増悪患者に、長時間作用型のステロイド1回投与でも、短時間作用型のステロイド3日投与に比べて、症状の重症度はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016MAY 09
脳卒中

脳卒中を発症したら、予防的に抗菌薬を投与したほうがよいですか?


脳卒中を発症した患者に、予防的に抗菌薬を点滴しても、3ヵ月後の機能転帰はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016FEB 08
感染症

急性呼吸器感染症への抗菌薬の使用は、検査結果に基づいたほうがよいですか?


急性呼吸器感染症に対してCRPに基づく抗菌薬使用は、通常ケアに比べて、症状改善は同等である

さらに詳しく