Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 17
喘息

喘息の長期管理と発作時の治療に同じ吸入薬を使う治療法は、長期管理薬と発作治療薬を使い分ける従来治療よりも効果がありますか?


持続型喘息の患者に吸入ステロイド+長時間作用型β刺激薬(LABA)を長期管理薬と発作治療薬の両方に使用するSMART療法を行うと、吸入ステロイド+LABA合剤を長期管理薬、短時間作用型β刺激薬を発作治療薬として使用する従来治療と比べ喘息の増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 04
感染症

皮膚膿瘍には抗菌薬をのんだほうがよいですか?


皮膚膿瘍への切開排膿後にクリンダマイシンもしくはST合剤を投与したほうが治癒率は高い

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAY 14
感染症

整腸剤で抗菌薬による下痢は予防できますか?


抗菌薬を使用する患者にプロバイオティクスを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べクロストリジウム関連下痢症が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAR 26
感染症

気道感染で、プロカルシトニンという血液検査で抗菌薬の開始や中止を決めると、死亡や治療の失敗は少なくなりますか?


成人の気道感染患者でプロカルシトニン値に基づいて抗菌薬の開始や中止を行うと、通常のケアと比べて総死亡が少なく、治療の失敗は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JAN 29
その他

酒さにはどんな抗菌薬がよいですか?


丘疹膿疱型酒さの患者にミノサイクリンを投与すると、ドキシサイクリンと比べて病変数と健康関連QOLの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 08
糖尿病

糖尿病患者の足の潰瘍に抗菌作用があるドレッシング剤や塗り薬は効果がありますか?


糖尿病足潰瘍の患者に抗菌作用があるドレッシング剤を使用すると、抗菌作用がないドレッシング剤の使用と比べて潰瘍の治癒が多く、抗菌薬の外用では多い傾向にある。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 25
喘息

喘息患者には抗菌薬を追加したほうがよいですか?


症状が持続する喘息患者にアジスロマイシンを追加すると、急性増悪が少なく、生活の質が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 07
感染症

インフルエンザの入院患者には抗菌薬と解熱鎮痛薬を追加したほうがよいですか?


インフルエンザの入院患者に、オセルタミビルに加え、クラリスロマイシンとナプロキサンを追加すると死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017OCT 05
感染症

抗菌薬は整腸剤と併せて飲んだほうがよいでしょうか?


抗菌薬を使用する成人の入院患者にプロバイオティクスを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べてクロストリジウム・ディフィシル感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 14
感染症

抗菌薬と同時に乳酸菌製剤を内服すると、下痢症状が減りますか?


乳酸菌 LP299Vと、プラセボにおける泥状便/水様便の発生は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 07
COPD

慢性閉塞性肺疾患には、どんな吸入薬がよいでしょうか?


慢性閉塞性肺疾患に長時間作用型抗コリン薬・長時間作用型β刺激薬を投与すると、長時間作用型β刺激薬・ステロイドの投与に比べて急性増悪が少ない

さらに詳しく