Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2015年発表
2017APR 03
うつ病

うつ病に抗うつ薬と認知行動療法はどちらが効果がありますか?


大うつ病の寛解、治療反応、うつ病評価尺度は、第2世代抗うつ薬と認知行動療法でほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 16
脳卒中

抗凝固薬の自己測定や自己管理は、血栓塞栓性予防に効果がありますか?


抗凝固薬の自己測定や自己管理を行うと、血栓塞栓性イベントの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017FEB 27
その他

出血性外傷には止血剤を使ったほうがよいですか?


急性出血性外傷患者に抗線溶剤を投与すると、プラセボに比べて総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016OCT 17
痛み

急性の筋肉痛に鎮痛薬の湿布や塗り薬は効果がありますか?


急性の筋骨格痛に外用非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を投与すると、プラセボに比べて疼痛緩和率が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2016SEP 12
その他

新しい抗凝固薬の注射は、肺塞栓症に対してワルファリンと同じ効果がありますか?


肺塞栓症患者におけるidrabiotaparinuxは、ワルファリンと比べて静脈血栓塞栓症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016SEP 05
うつ病

思春期のうつ病に、抗うつ薬は効果がありますか?


思春期の大うつ病の患者に、抗うつ薬はプラセボと同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 27
冠動脈疾患

心臓冠動脈のステント留置は、どのくらいの期間2種類の血栓を防ぐ薬を飲めばよいでしょうか?


ステント留置後、抗血小板剤2剤併用療法を12ヵ月行った場合に比べ、12ヵ月未満では大出血は少ないが、12ヵ月超では心筋梗塞は少ないが、大出血や総死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 16
脳卒中

脳梗塞を起こしたら、脳卒中予防のために抗血小板薬をのんだほうがよいのでしょうか?


ラクナ梗塞の後に抗血小板薬を投与すると、脳卒中の再発が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016MAY 19
冠動脈疾患

心筋梗塞後に新しい抗血小板薬チカグレロルは効果がありますか? 


心筋梗塞後の患者にチカグレロルを投与すると、心血管死亡、心筋梗塞、脳卒中が少ないが、大出血と呼吸困難は多い

さらに詳しく
メタ分析2004年発表
2016JAN 18
サプリメント

サプリメントで消化管がんの発症は予防できますか?


βカロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、セレンを含む抗酸化サプリメントを摂取すると、消化管がんの発症はほぼ同等であるが、総死亡は多い

さらに詳しく
メタ分析 2015年発表
2016JAN 04
感染症

成人のインフルエンザは、抗インフルエンザ薬を使ったほうがよいのでしょうか?


成人のインフルエンザにオセルタミビルを投与すると、症状軽快までの時間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2015DEC 24
その他

栄養を強化することで、褥瘡は早く治りますか?


栄養不良の褥瘡患者に、アルギニン、亜鉛、抗酸化物質を強化した栄養剤を投与すると、褥瘡面積低下割合が大きい

さらに詳しく