Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 17
喘息

吸入ステロイドと長時間作用型気管支拡張薬の合剤は、安全性に問題がありますか?


小児の喘息患者にフルチカゾンとサルメテロールの合剤を投与すると、フルチカゾン単独の投与と比較して喘息の増悪は少ない傾向にあるが、喘息による入院は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 10
骨粗しょう症

骨粗しょう症の注射薬で腰の圧迫骨折は予防できますか?


骨粗しょう症のある閉経後女性にアバロプラチドを投与すると、プラセボと比較して新規椎体骨折が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2017APR 03
うつ病

うつ病に抗うつ薬と認知行動療法はどちらが効果がありますか?


大うつ病の寛解、治療反応、うつ病評価尺度は、第2世代抗うつ薬と認知行動療法でほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 27
その他

便秘にはどんな薬がよいでしょうか?


慢性便秘患者にビサコジル、ピコスルファートナトリウム、プルカロプリド、ベルセトラグを投与すると、プラセボと比較して自発排便回数が多く、各便秘薬の比較ではほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 16
脳卒中

抗凝固薬の自己測定や自己管理は、血栓塞栓性予防に効果がありますか?


抗凝固薬の自己測定や自己管理を行うと、血栓塞栓性イベントの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2000年発表
CMEC Article
2017MAR 09
高血圧

新しい降圧薬は従来の降圧薬より寿命を延ばすことができますか?


心不全患者に対して、アンジオテンシン受容体拮抗薬を投与しても、ACE阻害薬に比べて、総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017FEB 27
その他

出血性外傷には止血剤を使ったほうがよいですか?


急性出血性外傷患者に抗線溶剤を投与すると、プラセボに比べて総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017FEB 23
高血圧

心血管疾患がなく、リスクが中等度の人は薬で血圧を下げたほうがよいですか?


心血管疾患がなくリスクが中等度であれば、降圧薬を投与しても心血管イベントは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2017FEB 02
その他

静脈血栓の予防には、退院後も飲み薬を続けたほうがよいでしょうか?


入院患者に退院後もアピキサバンを投与しても、入院中のエノキサパリン投与と比較して、静脈血栓塞栓症は同等で、大出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016DEC 26
その他

出血性潰瘍患者の内視鏡治療後における薬剤投与は、間欠的でも問題ないでしょうか?


出血リスクの高い消化性潰瘍患者における内視鏡治療後の再出血は、プロトンポンプ阻害薬を間欠的に投与しても、継続投与と同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016DEC 22
糖尿病

糖尿病にスルホニル尿素薬は効果がありますか?


2型糖尿病患者にスルホニル尿素薬を投与すると、総死亡、心血管死亡は多い傾向にある

さらに詳しく