Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JUL 15
痛み

腰痛や脚の痛みに抗けいれん薬は効果がありますか?


非特異的腰痛の患者にガバペンチンを投与しても、プラセボと比べ短期の疼痛は同等であり、腰部神経根性疼痛の患者にプレガバリンを投与しても、プラセボと比べ治療直後の疼痛は同等であるが、ガバペンチンまたはプレガバリンを投与すると、プラセボと比べ有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 11
痛み

慢性腰痛に抗うつ薬は効果がありますか?


非特異的慢性腰痛の患者に低用量のアミトリプチリンを投与すると、メシル酸ベンズトロピンの投与と比べ6ヵ月後の疼痛の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUL 01
がん

抗がん剤治療を受ける乳がん患者の睡眠障害や倦怠感にチベットヨガは効果がありますか?


化学療法を受けている乳がん患者がチベットヨガを行っても、ストレッチ、通常のケアと比べて睡眠障害と倦怠感はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JUN 27
がん検診

コンピュータ断層撮影(CT)検査で肺がん検診を受けると、長生きできますか?


CT検査による肺がん検診を毎年受けると、通常ケアと比較して肺がん死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUN 24
がん

健康な高齢者がアスピリンを飲むと、死亡、もしくはがんによる死亡は減りますか?


心血管疾患、認知症または身体機能障害がない高齢者にアスピリンを投与すると、プラセボと比べ総死亡、がん関連死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 13
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、3種類合剤の吸入薬を使ったほうがよいですか?


進行したCOPD患者にフルチカゾンフランカルボン酸エステル・ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の3種の合剤を投与すると、フルチカゾンフランカルボン酸エステル・ビランテロール吸入薬、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の2種類の合剤投与と比べ、中等症から重症の増悪が少ないが、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬に比べ肺炎が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 09
アレルギー

アトピー性皮膚炎に保湿入浴剤は効果がありますか?


アトピー性皮膚炎の小児が保湿入浴剤を使用しても、保湿入浴剤なしと比べ湿疹の重症度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 02
がん

前立腺がんのホルモン療法は短期間でもよいですか?


前立腺がん患者に放射線療法に加えて18ヵ月のアンドロゲン除去療法を行うと、36ヵ月のアンドロゲン除去療法と比べ5年後の生存率はほぼ同等で、生活の質は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 22
脳卒中

軽症の脳梗塞や一過性脳虚血発作では、2種類の抗血小板薬を併用したほうが脳卒中の 再発は予防できますか?


軽症の急性脳梗塞または高リスクの一過性脳虚血発作の患者にクロピドグレルとアスピリンを投与すると、アスピリンのみの投与と比べ虚血性血管イベントが少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 08
その他

閉経後の膣の痒みや痛みにエストロゲン膣錠や膣保湿剤は効果がありますか?


陰部や膣に中等度から重度の掻痒感や疼痛、刺激感、乾燥症状のある閉経後女性に、エストラジオール膣錠または膣保湿剤を投与しても、プラセボと比べ最もわずらわしい症状の重症度改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 01
痛み

乳がんのホルモン療法による関節痛に鍼治療は効果がありますか?


アロマターゼ阻害薬関連関節痛を有する乳がん患者に鍼治療を行うと、見せかけの鍼治療、もしくは針治療なしと比べ、6週後の関節痛改善が大きいが、臨床的に意味のある差はない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019MAR 07
がん

がんの胸水の治療で、留置カテーテルと胸膜癒着術のどちらが入院日数は短くなりますか?


悪性胸水の患者に留置胸腔カテーテルによる治療を行うと、タルクによる胸膜癒着術と比べ入院日数が短い

さらに詳しく