Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019MAY 27
痛み

夜間に脚がつる人ではマグネシウムを飲んだ方がよいですか?


夜間こむらがえりのある成人にマグネシウム製剤を投与しても、プラセボと比較して1週間あたりのこむらがえりの回数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019APR 04
その他

集中治療室に入室した重症患者の輸液は、生理食塩水よりもリンゲル液の方がよいですか?


集中治療室に入室した重症成人患者に、調整晶質液による輸液を行うと、生理食塩水による輸液と比べ30日以内の総死亡、透析導入、持続性腎機能障害が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 21
感染症

かぜの咳には、どんな治療がよいですか?


かぜによる急性咳嗽の成人に非ステロイド性消炎鎮痛薬を投与してもプラセボと比べ咳の持続期間は同等である。小児では去痰薬を投与するとプラセボと比べ6~7日後の咳が少ない傾向にあり、咳の頻度と重症度は、ハチミツを投与すると治療なしと比べ小さく、デキストロメトルファンと比べ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 07
感染症

肺炎の入院患者にステロイドは効果がありますか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボと比べ総死亡が少ない傾向にあるが、高血糖と肺炎関連の再入院が多い

さらに詳しく
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2018OCT 04
喘息

喘息の治療中に症状が悪化したら、ステロイドの吸入薬の量を順次増やしたほうがよいのでしょうか?


症状の増悪した小児および成人慢性喘息患者にステロイド吸入薬を漸増投与すると、定用量投与と比べて治療失敗によるステロイド薬の経口投与の割合は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 09
その他

輸血の血液製剤は新しいもののほうがよいですか ?


赤血球輸血が必要な重症の成人患者に入手可能な範囲で最も貯蔵期間が短い赤血球製剤を輸血すると、最も貯蔵期間が長い赤血球製剤の輸血と比べ90日後の総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018MAR 26
感染症

気道感染で、プロカルシトニンという血液検査で抗菌薬の開始や中止を決めると、死亡や治療の失敗は少なくなりますか?


成人の気道感染患者でプロカルシトニン値に基づいて抗菌薬の開始や中止を行うと、通常のケアと比べて総死亡が少なく、治療の失敗は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 12
感染症

50 歳以上の成人に遺伝子組み換えインフルエンザワクチンはこれまでのワクチンよりインフルエンザを予防しますか?


遺伝子組み換えインフルエンザワクチンは不活化ワクチンに比べインフルエンザの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 18
高血圧

60歳未満の成人では血圧を下げて寿命が延びますか?


18~59歳の高血圧患者に降圧薬を投与すると、プラセボまたは投与なしと比べ総死亡と冠動脈疾患は同等で、心血管疾患と脳卒中が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017OCT 05
感染症

抗菌薬は整腸剤と併せて飲んだほうがよいでしょうか?


抗菌薬を使用する成人の入院患者にプロバイオティクスを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べてクロストリジウム・ディフィシル感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JAN 16
その他

アルツハイマー病の遺伝子検査では他の病気との関連も説明してよいでしょうか?


アルツハイマー病の遺伝子検査を受けた成人に冠動脈疾患との関連を説明しても、不安や抑うつは同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 08
感染症

肺炎にはステロイドを使ったほうがよいのでしょうか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、総死亡とICU入室が少ない傾向にあり、人工呼吸器の使用、ARDSの発症が少なく、臨床的安定化までの時間が短いが、高血糖が多い

さらに詳しく