Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 21
感染症

かぜの咳には、どんな治療がよいですか?


かぜによる急性咳嗽の成人に非ステロイド性消炎鎮痛薬を投与してもプラセボと比べ咳の持続期間は同等である。小児では去痰薬を投与するとプラセボと比べ6~7日後の咳が少ない傾向にあり、咳の頻度と重症度は、ハチミツを投与すると治療なしと比べ小さく、デキストロメトルファンと比べ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 14
高血圧

もともとの血圧の高さによって、血圧を下げる薬の治療効果に差はありますか?


降圧治療を行うと、一次予防で治療開始前の収縮期血圧が140mmHg以上の人では総死亡、心血管イベントが少ないが、収縮期血圧140mmHg未満の人では同等であり、冠動脈疾患の既往がある人では総死亡は同等で、心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018DEC 24
冠動脈疾患

心臓の血管の病気の疑いがある人は、CT検査よりも造影検査を受けたほうがよいですか?


冠動脈疾患の疑いのある非定型狭心症もしくは胸部痛のある患者がCT検査を受けると、冠動脈造影検査を受ける場合と比ベて検査後合併症の発症は同等であり、その後の心血管イベントの発症も同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 17
がん

転移のある肺がんに、免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


転移性非小細胞肺がん患者にペメトレキセドとプラチナ製剤による化学療法に加えてペムブロリズマブを投与すると、プラセボの投与と比べ生存期間および無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018DEC 06
痛み

静脈うっ滞による足の潰瘍にアスピリンは効果がありますか?


静脈うっ滞性下腿潰瘍の患者に圧迫療法に加えてアスピリンを投与しても、プラセボの投与と比べて治癒までの期間はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018NOV 22
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で、血圧を145/80mmHg未満に厳格にコントロールすると脳卒中の発症は少なく、死亡と心疾患の発症は少ない傾向にあり、転倒や認知機能低下との関連はないが、低血圧や意識消失発作およびより多くの治療薬を使用する傾向がある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018NOV 19
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で治療開始時の収縮期血圧が160mmHg未満の場合、血圧を150/90mmHg未満に厳格にコントロールすると死亡、心疾患の発症は少なく、脳卒中の発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018NOV 15
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で治療開始時の収縮期血圧が160mmHg以上の場合、血圧を150/90mmHg未満に厳格にコントロールすると死亡、脳卒中、心疾患の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2018NOV 05
痛み

慢性的な膝の痛みには鍼治療がよいのでしょうか?


変形性関節症由来の慢性膝痛患者に鍼治療を施すと、痛みおよび身体機能が改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018NOV 01
冠動脈疾患

心臓の血管が詰まったら手術の代わりにステントを入れてもよいのでしょうか?


中等度から軽度の左主冠動脈疾患患者では経皮的冠動脈形成術によるステント留置と冠動脈バイパス術とで総死亡、脳卒中、心筋梗塞の発症は同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018OCT 22
その他

静脈うっ滞による足の潰瘍では、静脈瘤の血管内焼灼術を使うと潰瘍は早く治りますか?


静脈うっ滞性下腿潰瘍の患者に表在性静脈逆流の血管内焼灼術を行うと、潰瘍の治癒までの期間が短い

さらに詳しく