Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 29
高血圧

腎臓病がない心臓病や脳卒中のリスクが高い人は、血圧をできるだけ下げたほうがよいですか?


心血管リスクが高く、慢性腎臓病がない高血圧患者に収縮期血圧140mmHg未満を目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧120mmHg未満を目標とした標準的降圧療法と比べ、心血管イベントは少ないが慢性腎臓病の発症が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 14
痛み

慢性の腰痛に神経痛の治療薬は効果がありますか?


慢性腰痛患者にガバペンチンを投与してもプラセボと比べ痛みは同等であり、めまい、倦怠感、思考力の低下、視覚障害が多く、プレガバリンを投与すると他の鎮痛薬と比べ痛みが強く、めまいが多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017NOV 27
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)には、3種類の薬が入った吸入薬のほうがよいですか?


進行したCOPD患者にフルチカゾンフランカルボン酸エステル・ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬を投与すると、ブデソニド・ホルモテロール吸入薬と比べて健康関連QOLが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 09
痛み

3ヵ月以上続く腰痛は、椎間板にステロイド注射をすると痛みは少なくなりますか? 


3か月以上続く腰痛患者にプレドニゾロンを椎間板内に注入すると、注入1ヵ月後時点で腰痛が軽減する割合が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017OCT 02
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化後にマスクを用いた人工呼吸器を使うと、再入院や死亡は予防できますか? 


非侵襲的陽圧換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後で高二酸化炭素血症が残存する患者に在宅酸素療法に加え非侵襲的陽圧換気を行うと、在宅酸素療法のみと比べ再入院または死亡までの期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 07
COPD

慢性閉塞性肺疾患には、どんな吸入薬がよいでしょうか?


慢性閉塞性肺疾患に長時間作用型抗コリン薬・長時間作用型β刺激薬を投与すると、長時間作用型β刺激薬・ステロイドの投与に比べて急性増悪が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUL 31
その他

長引く咳に理学療法や言語聴覚療法は効果がありますか?


難治性慢性咳嗽患者に理学療法と言語聴覚療法を行うと、健康関連QOLの改善度が大きい

さらに詳しく
メタ分析 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 29
痛み

慢性的な腰痛に運動療法は効果がありますか?


非特異的な慢性腰痛もしくは再発性の慢性腰痛にモーターコントロールエクササイズを実施しても、他の運動療法と比べて、疼痛、生活能力の障害はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUN 01
その他

症状が安定している慢性閉塞性疾患(COPD)患者に長期酸素補充療法は効果がありますか?


安静時または運動時に中等度の酸素飽和度(SpO2)低下を認める安定期COPD患者に長期酸素補充療法を行っても、酸素補充療法を行わない場合に比べて、死亡または初回入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 27
COPD

慢性閉塞性肺疾患では、3種類の薬が入った吸入薬を使ったほうがよいですか?


慢性閉塞性肺疾患患者に、ステロイド、ベータ刺激薬、抗コリン薬の合剤を吸入しても、ステロイド、ベータ刺激薬の合剤の吸入と比較して呼吸困難はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017MAR 27
その他

便秘にはどんな薬がよいでしょうか?


慢性便秘患者にビサコジル、ピコスルファートナトリウム、プルカロプリド、ベルセトラグを投与すると、プラセボと比較して自発排便回数が多く、各便秘薬の比較ではほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017FEB 09
痛み

理学療法は腰痛に効果がありますか?


急性腰痛に対して4週の理学療法を行うと、通常ケアに比べて3ヵ月後の痛みや障害の改善度は同等である

さらに詳しく