Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 28
その他

自宅で病院レベルのケアを受けると、入院するよりも費用は低くなりますか?


急性疾患の患者に自宅で病院レベルのケアを実施すると、入院と比べ急性期ケアの費用が低い

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAY 14
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)で急に腎臓の機能が悪くなることはありますか?


SGLT2阻害薬を投与すると、プラセボまたは他の治療と比べ重症急性腎障害が少ないが、脱水症関連有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020APR 02
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群が疑われる場合、高感度トロポニン測定は受診から1時間後でも大丈夫ですか?


急性冠症候群が疑われる患者に、低閾値の高感度トロポニンを受診時と1時間後に測定するプロトコルを使用すると、高閾値の高感度トロポニンを受診時と3時間後に測定する標準的プロトコルと比べて、30日以内の総死亡、および心筋梗塞はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 23
COPD

COPDの患者さんにビタミンDを投与したほうがよいですか?


COPD患者にビタミンDを投与しても急性増悪の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 16
心疾患

心房細動では心臓の血管の病気をした後もしくは術後、どの血液を固まりにくくする薬がよいですか?


急性冠動脈症候群もしくは経皮的冠動脈形成術(PCI)を受けた後(または両方)でP2Y12阻害薬を服用している心房細動患者にアピキサバンもしくはアスピリンを投与すると、ビタミンK拮抗薬もしくはプラセボと比較してアピキサバンのほうが出血は少なく、アスピリンでは多い

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019DEC 12
サプリメント

ビタミンDサプリメントで呼吸器感染症は予防できますか?


0~95歳の人にビタミンDを投与すると、プラセボに比べて急性呼吸器感染症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019OCT 07
その他

理学療法は多めに受けたほうが良いですか?


急性・亜急性期の患者に追加の理学療法を行うと、入院期間が短縮し、自立度やQOLが改善する

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019SEP 12
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血性発作では、2種類の血栓を予防する薬をどのくらいの期間飲んだらよいですか?


急性期脳梗塞または一過性脳虚血発作の患者にアスピリンとクロピドグレルを投与すると、アスピリンのみと比べ脳梗塞再発は3ヵ月以下の投与期間では少なく、3ヵ月を超える投与期間では少ない傾向にある。また、重大出血は1ヵ月以下の投与期間では多い傾向にあるが、1ヵ月を超える投与期間では多く、3ヵ月を超える投与期間で総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019AUG 29
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化には、2種類の気管支を拡げる薬を使ったほうがよいですか?


非侵襲的換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪に、テルブタリンに加えて臭化イプラトロピウムを吸入しても、テルブタリン吸入のみと比べ24時間以内の入院、気管内挿管は同等であり、24時間以内のICU入院が多い

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019AUG 01
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血発作では、血栓を予防する薬を2種類服用したほうがよいですか?


急性期の微小脳梗塞または高リスクの一過性脳虚血発作の患者に発症24時間以内にクロピドグレルとアスピリンの投与を開始すると、アスピリンのみと比べ非致死的脳卒中再発が少ないが、中等症または重症頭蓋外出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUL 25
脳卒中

脳卒中患者には、酸素を投与したほうがよいですか?


急性脳卒中発症48時間以内に酸素を投与しても、投与しない場合と比較して3ヵ月の障害の程度は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 30
感染症

胆のう炎は、胆のうを摘出してしまったほうがよいですか?


APACHE II により高リスクと判断された急性結石性胆嚢炎患者に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施すと、経皮的カテーテル胆嚢ドレナージを施す場合と比較して、1年以内の死亡は少ない傾向にあり、主要合併症の発症は少ない

さらに詳しく