Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JAN 19
心疾患

アスピリンは心臓病の予防に効果がありますか?


冠動脈疾患の一次予防にアスピリンを投与すると、非致死的心筋梗塞や総死亡は少なく、非致死的脳卒中と冠動脈疾患死は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JAN 16
その他

アルツハイマー病の遺伝子検査では他の病気との関連も説明してよいでしょうか?


アルツハイマー病の遺伝子検査を受けた成人に冠動脈疾患との関連を説明しても、不安や抑うつは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JAN 05
脂質異常症

心臓病がない人でも、コレステロールを下げたほうが心臓病を予防できますか?


心血管イベント既往のない人で、ロスバスタチンでコレステロールを下げると、心血管イベントの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016DEC 22
糖尿病

糖尿病にスルホニル尿素薬は効果がありますか?


2型糖尿病患者にスルホニル尿素薬を投与すると、総死亡、心血管死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016NOV 28
糖尿病

糖尿病の人は、血圧の高さによって高血圧の治療効果に違いはありますか?


治療開始前の収縮期血圧が140mmHg以上の患者では降圧療法を行うと総死亡と心血管疾患が少ないが、収縮期血圧140mmHg未満の患者では降圧療法を行うと心血管死亡が多く、総死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2016NOV 03
その他

飲み薬でメニエール病のめまい発作は減りますか?


メニエール病患者にベタヒスチンを投与しても、めまい発作の発症はプラセボと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2016OCT 24
糖尿病

SGLT2阻害薬は糖尿病患者の心不全に効果がありますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にエンパグリフロジンを投与すると、心不全による入院または心血管死亡、心不全による入院または心不全死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2016OCT 03
糖尿病

新しい糖尿病の薬は、心血管疾患の予防に効果がありますか?


うっ血性心不全や腎障害を有する2型糖尿病患者に、ビルダブリプチン(エクア)を投与すると、プラセボと比べて、重大な心血管イベントの発生は低い傾向にあるが、心不全は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016SEP 22
糖尿病

糖尿病の新しい薬(エンパグリフロジン)は心血管疾患を予防できますか?


心血管疾患のある2型糖尿病患者にエンパグリフロジンを投与すると、心血管死亡および心筋梗塞・脳卒中が少ないが、性器感染症が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 27
冠動脈疾患

心臓冠動脈のステント留置は、どのくらいの期間2種類の血栓を防ぐ薬を飲めばよいでしょうか?


ステント留置後、抗血小板剤2剤併用療法を12ヵ月行った場合に比べ、12ヵ月未満では大出血は少ないが、12ヵ月超では心筋梗塞は少ないが、大出血や総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2016MAY 26
糖尿病

DPP-4阻害薬は、心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管疾患の既往がある2型糖尿病患者にシタグリプチンを投与しても、心血管イベントはプラセボと同等である

さらに詳しく