Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 22
心疾患

炎症を抑える注射で心臓病や脳卒中は予防できますか?


心筋梗塞の既往がある高感度CRP高値の患者にカナキヌマブを投与すると、プラセボと比べて非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中、心血管死亡が少ないが、致死的感染症が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 19
冠動脈疾患

心臓病の血管のステントはどんな種類で、                                         2種類の抗血小板薬はどれくらいの期間飲めばよいですか?


生体吸収性スキャフォールド、生分解性ポリマーステント、エベロリムスまたはゾタロリムス溶出性非吸収性ポリマーステントで死亡、心筋梗塞、標的血管の血行再建術は同等。非吸収性ポリマーステントで生体吸収性スキャフォールドと比べてステント血栓症が少なく、2種類の抗血小板薬の12ヵ月を超える投与で大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2018JAN 22
心疾患

心筋梗塞では酸素を吸入したほうがよいですか?


低酸素血症がない急性心筋梗塞が疑われる患者に酸素を投与すると、空気と比べて1年後の総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 11
糖尿病

週1回の糖尿病注射(GLP-1受容体作動薬)で心臓病や脳卒中を予防できますか?


2型糖尿病患者にエクセナチドを投与してもプラセボと比べ、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 1984年発表
CMEC Article
2017NOV 20
脂質異常症

高コレステロール血症を薬で治療すると心筋梗塞は予防できますか?


高コレステロール血症の中年男性にコレスチラミンを投与すると心筋梗塞が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2005年発表
CMEC Article
2017NOV 16
糖尿病

糖尿病患者にコレステロールを下げる薬で心筋梗塞を予防できますか?


糖尿病患者にフェノフィブラートを投与すると冠動脈イベントが少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017NOV 06
脂質異常症

コレステロールを下げる新しい薬を追加すると心血管疾患は予防できますか?


心筋梗塞、脳梗塞、末梢血管疾患の既往があり、スタチン服用中の患者に、エボロクマブを追加投与すると心血管疾患が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017OCT 30
冠動脈疾患

心筋梗塞後にはコレステロールを下げる薬を複数使ったほうがいいですか?


急性心筋梗塞後の患者に、スタチンに追加しエゼチミブを投与すると心血管イベントがわずかに少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 1978年発表
CMEC Article
2017OCT 23
脂質異常症

コレステロールを下げる薬を飲むと心筋梗塞は予防できますか?


脂質異常症を有する中年男性にクロフィブラートを投与すると、プラセボに比べて心筋梗塞は少ないが、死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験1994年発表
CMEC Article
2017OCT 12
心疾患

心臓病を起こしたことがある人はコレステロールを下げる薬を飲んだ方が良いですか?


狭心症、もしくは心筋梗塞の既往がある脂質異常症患者にシンバスタチンを投与すると死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2017JUN 08
脳卒中

脳卒中の急性期に機械的血栓除去療法は効果がありますか?


脳梗塞急性期において、標準治療単独と比べて機械的血栓除去療法は良好な機能予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 20
糖尿病

週1回の新しい糖尿病注射薬(GLP-1受容体作動薬)は心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にセマグルチドを投与すると、プラセボの投与と比較して心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中が少ないが、網膜症が多い

さらに詳しく