Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018SEP 03
心疾患

心房細動がある人では、心臓のステント治療後の血栓をできにくくする薬は2種類でもよいですか?


経皮的冠動脈形成術後の心房細動患者に、ダビガトラン、クロピドグレルまたはチカグレロルを投与すると、ワーファリン、アスピリン、クロピドグレルまたはチカグレロルの投与比べて出血が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JUN 25
脳卒中

心房細動に左心耳閉鎖術は効果がありますか?


心房細動患者に左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンの投与と比べ脳卒中、全身性塞栓症、心血管または原因不明の死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAR 15
脳卒中

腎臓病の人では、新しい血液を固まりにくくする薬はワルファリンより効果がありますか?


中等度の腎機能障害のある非弁膜症性心房細動の患者に直接経口抗凝固薬(DOAC)を投与すると、ワルファリンの投与と比べ脳卒中、全身性塞栓症、大出血が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JAN 11
感染症

急性細気管支炎では高張食塩水吸入をしたほうがよいですか?


中等度から重症の急性細気管支炎に対して高張食塩水の吸入をしても、生食吸入と入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 01
感染症

小児の細気管支炎に高濃度の食塩水の吸入は効果がありますか?


急性細気管支炎の小児に高張食塩水吸入を行うと、入院期間が短く、入院率が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 14
心疾患

心房細動に対する左心耳閉鎖術は、ワルファリンより効果がありますか?


心房細動患者にデバイスを用いた経皮的左心耳閉鎖術を行うと、ワルファリンに比べて、心血管疾患が少ないが、事故は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 11
感染症

乳幼児の細気管支炎に高張食塩水の吸入は効果がありますか?


ウイルス性細気管支炎で救急診療部を受診した乳幼児に、高張食塩水の吸入を行うと、生理食塩水の吸入に比べて、入院は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015SEP 28
脳卒中

血液を固まりにくくする薬リバーロキサバンは、これまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンとほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2015AUG 27
その他

食事や合成着色料は、ADHDに影響しますか?


注意欠陥多動性症状は食事制限で改善するが、合成着色料の摂取で悪化する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2015JUN 04
感染症

小児細気管支炎に高張食塩水の吸入で、呼吸器症状は改善しますか?


2歳以下の小児細気管支炎患者に高張食塩水の吸入を行っても、生理食塩水の吸入と比べて、呼吸器症状の改善は少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015MAY 14
脳卒中

心房細動では心拍数とリズムのどちらをコントロールしたらよいのでしょうか?


心拍数とリズムのどちらをコントロールしても、総死亡、心血管死亡、脳卒中は同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015APR 30
感染症

乳幼児の細気管支炎にアドレナリンは効果がありますか?


2歳未満の乳幼児の急性細気管支炎にアドレナリンをネブライザー吸入すると、受診から1日以内の入院が少ない

さらに詳しく